ようこそ、店長のブログです。

このコンテンツでは、家具・インテリア選びには欠かすことができない

「風水」を紹介ています。「吉方位」への正しい配置を学びましょう。

さらに、商品の入荷情報やコンテンツの更新情報を記事にします。 

2016/06/26

「家具や姫の素敵なアウトドア生活」に、ガーデンファニチャー4点セットを入荷しています。

あなたも自宅でアウトドア・ライフを満喫できます。

2016/06/24

「文具・雑貨を選ぶ家具や姫のカフェ」にLEDキャンドルライトを入荷しました。炎が揺らめく本物そっくりです。

さらに吹くと炎が消えます。

2016/06/23

玄関は、良き「運気」を招き入れる入口です。傘立てや水槽それに切り花で飾りましょう。「風水から見た正しい玄関」を参考になさって下さいませ。

なお、商品の選定を行っています。少々お待ちください。

2016/06/21

新コンテンツ「傘立て特集・雨に唄えば」を準備中です。ただいま掲載商品の選定を行っています。♬あの名曲がよみがえるような傘立て特集です。

なお、コンテンツの再編を実施します。よって予告なく終了するコンテンツもあります。予めご承知おき下さい。

2016/06/18

「賢い子に育つ子供部屋」にキッズ向けのプロポーションチェア(姿勢矯正椅子)を入荷しています。姿勢が良くなれば体調も自然に良くなり、結果として成績アップにつながります。

2016/06/17

お洒落なPCデスクを入荷しました。「成功するトレーディングルーム」にお進みください。ヒーリング環境を整えて、あなたも億のトレーダーを目指しましょう。PCデスクはDIEGOです。

2016/06/15

「ウール布団4点セット」と「洗える肌布団」をそれぞれ入荷しています。コンテンツは、「ぐっすりすこやかふとん店」です。

さらに「恋人たちのTable Ware 」に「Le Creuset のラウンドプレート」そして「シリコン・スチーマー」を入荷しました。

2016/06/14

「恋するくつろぎソファ」に「アイボリーリクライニングタイプ」を追加しています。

2016/06/13

洗えるラグマット「コットンボリュームタイプ」を入荷しました。また、「愛が深まる愛情調理器具」に超音波でクリーミーな泡ができる「ビアサーバー」を入荷しています。

2016/06/12

イタリア羊皮製の「スマートフォン・ケース」を入荷しました。お洒落でとても丈夫です。「家具や姫の素敵な雑貨屋さん」あるいは「文具・雑貨を選ぶ家具や姫のカフェ」で注文できます。

2016/06/04

マンションのベランダでも使える「ミストシャワー」を入荷しています。梅雨明けと共に、今年の夏も暑くなりそうです。あなたのガーデニングにぜひ加えて下さい。

納涼感が漂います。

2016/06/02

テーマパークバイト日記

土日限定で店長は、地元の「みろくの里」でバイトをしている。健康維持のため、ここでバイトをしているのだが、朝10時の開園前に掃除をしていると「ウグイス」が鳴いている。清々しい、空気も澄み渡っているのだ。子供たちの歓声を聞いていると「心に活力が漲って」くる。現在、夏休みのオープンに向けて「迷路」を構築中だ。プール開きと合わせてまた今年の夏も賑わうだろう。近くの方はぜひ遊びにおいでください。

2016/05/26

おしゃれなトロリー型テーブルを揃えました。店長は、これをコーヒー用として使っています。テーブルを代えただけですっかり生活が変わります。

あなたもどうですか。試してみて下さい。驚きの効果です。

2016/05/05

子供の日の今日は快晴に恵まれている。朝、目覚めて直ぐに換気をした。今日は「黄色い花」も新しいものと交換しよう。最近「風水」や「スピリチュアル」を調べて思うことがある。これらは、子供たちに社会性を身に着けさせる「方便」ではないか、ということだ。おそらく「宗教」もそうなのだろう。

2016/04/25

もうすぐG.Wです。テーマパークも春のシーズンを迎えました。店長がバイトする「みろくの里」も新機種の遊具の設営が完成しました。子供から大人まで楽しめます。福山近郊の方は遊びに来てくださいね。

ところで、新コンテンツの「子宝地図」作成で願望実現ですが、記事のUPを開始します。赤ちゃんだけでなく、あらゆる願望が叶うと評判です。ぜひ一度来店してください。

2016/04/21

「ランタン」は「ガーデニング」と統合します。さらに商品の入れ替えも行います。

また、新コンテンツを始める準備をしています。「特別講座”子宝地図”作成で願望実現」です。

これは、「レイキ」や「フォト・リーディング」で知られる望月俊孝氏の著書をテキストに使った「願望実現」の特別講座ですが、「物販サイト」では聞いたことのない新しい企画です。詳しく知りたい方は、望月俊孝氏のサイトにお立ち寄り下さい。⇒http://www.takaramap.comへどうぞ

2016/04/20

「スピリチュアル」や「風水」に抵抗を感じる方には、「斎藤一人社長」や「松居一代の掃除術」を参考にして下さい。

また、新コンテンツ「おばあちゃんに聞いた上手なやりくり」は、生活全般の「知恵袋」を蒐集してお届けします。

2016/04/18

新コンテンツ「松居一代が語るお掃除術」を始めました。斎藤一人さんのコンテンツと合わせて掃除の参考にしてください。

「家具や姫の通販家具店」の新しいコンセプトは、「物販」にとどまらない「生活向上サイト」です。

2016/04/17

新コンテンツ「家具や姫のスピリチュアル・ワールド」を大幅に加筆しています。これは、店長が詳しくなるにつれてさらに増加すると思います。この「スピリチュアル」は、正しく生きるための「方便」のような気がします。「風水」にも云えることですが、おしなべて「宗教」にはその側面があります。そして「スピリチュアル」も同じなのかも知れません。

2016/04/11

店長は、姉妹サイトで「名作100選」をUPしています。店長版「読書生活のススメ」です。記事がようやく増えてきましたので、必ず役に立つと思います。1度サイトにお立ち寄りください。なお、この「通販家具店」は生活全般の向上を目的としていますので、「生活に役立つ情報」を心がけてコンテンツを改善しています。それゆえ、他の「物販サイト」には無いユニークさが特徴です。これは一般に「差別化」といいます。

2016/04/08

店長は、思い返すと、東京で仕事をやっていた頃から「スピリチュアル」などには興味を持っていた。電車で都内を営業していたが、お昼どきの休憩時間には、よく本屋に立ち寄っていた。そして「霊的」な解説書や「宗教的」な入門書を多読した。「オウム真理教」や「幸福の科学研究所」が出版する本さえも休日に読み漁っていたものだ。その多読が昂じて「うんちく家」になってしまった。店長の頭の中には、余計な雑学がぎっしりと詰まっている。と、いうわけでこのサイトでは「風水」と「スピリチュアル」をテーマにしてコンテンツを拡充している。家具・インテリア選びや掃除道具選びに利用していただければ、有難いです。

2016/04/06

新コンテンツ「家具や姫のスピリチュアル・ワールド」を始めます。このサイトは、物販の枠を超えた「総合生活向上サイト」を目指しています。ご期待くださいませ。

2016/04/04

「得する生活情報館」をスタートしました。さまざま無料特典などを収集しました。これはお得です。店長は、この「家具や姫」を単なる物販サイトにしたくないので、さまざまな生活情報を発信しようとアイデアを練っています。「風水」や「掃除力」「開運」など取り入れているのはそのためです。さらに「スピリチュアル」のコンテンツを考えています。

2026/03/30

姉妹サイト「通販・防犯機器・ドライブレコーダー」に新コンテンツを追加しています。「10代の遺書」といいます。昭和初期から紹介していきます。とてもせつない名分が多く驚きます。これは、人気コラムに育ってくれました。ぜひお立ち寄りくださいませ。

2016/03/29

もう、すっかり春ですねえ。早いものです。プロ野球も開幕しました。不祥事も数多くあったようですが、巨人と阪神は絶好調のスタートです。店長は部屋の掃除を見直しました。換気を十分に行い、チリひとつ失くすように毎日掃除をやっています。そのせいなのか、近頃ではついている事が多いです。みなさんも、部屋の整理整頓から取り掛かってみてください。「宝くじ」に当たったり---はできませんが、佳きことだけ周囲に起きます。

2016/03/21

深夜ドラマ「モップ・ガール」は、北川景子主演で人気が高かった。彼女の出世作とも言えた。当時はとてもキュートで、店長は即座にファンになったのを思い出す。いつの間にかキュートな少女から、大人びた妖艶な女性へと印象が変わっていた。今年初めに結婚が発表されたが、店長は寂しさを隠せなかった。なにしろ、毎週録画までして欠かさず見ていたのである。店長の新コンセプト「モテモテ!モップ・ガール」は、残念ながら番組のようにタイムスリップしない。その代わり「開運」のパワーを秘めている。

2016/03/20

姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・レコーダー」に新コンテンツ「店長厳選の名作100選」をUPしています。店長の「読書日記」と合わせてお読みください。

また、内外の「小説選び」に役立つコンテンツです。

2016/03/19

当サイトの「生活向上」コンセプトは、さまざまな情報をクリップする独自性の強い「情報サイト」化を進めていきます。何か「ご要望」があれば「お問合せ」でメールを受け付けていますので、ご利用くださいませ。

また、「得する生活知恵袋」では、タダで利用できる「耳より情報」をUPしています。こちらもぜひ利用してください。

2016/03/17

「家具や姫の通販家具店」は、家具・雑貨・調理家電の物販サイトですが、そのコンセプトは「生活向上のための情報サイトです。

そのため、さまざまなコンテンツを用意していきます。また、姉妹サイト「通販・防犯機器・ドライブレコーダー・監視カメラ」のサイトでは、大人気コラム「芸能界事件簿から人生を学ぶ」を連載中です。現在その3まであります。このサイトでは、多い日で100アクセス超えています。気軽にお立ち寄りくださいませ。

2016/03/15

店長のサイトは「家具・インテリア・雑貨のショッピング」に留まらない、「情報検索サイト」という性格を持ちたいと考えている。

その第1弾として「風水」を取り上げました。Dr.コパや李家幽竹さん他数人の専門家の著書をテキストにしています。次に「掃除」を題材にして、「自己啓発」とセットにしたコンテンツを展開しています。さらに、第3弾は、生活全般のお得なヒントや知恵袋をコンテンツにしています。「ショッピング」だけではない、「情報検索」サイトになるように皆様のご支援をお願いします。

2016/03/12

体調のすぐれない人、うまく物事が運ばない人がいますか?もしそうであれば、まず「部屋の整理」そして「換気」さらに「掃除」です。

店長はやってみました。心まで「すっきり」します。下らないことを気にしなくなりました。このパワーについてのコンテンツを始めました。「家具や姫の掃除力研究所」です。

最近、ツイていないとぼやく暇があれば、まず「部屋の掃除」です。その効果に驚きます。「炒り塩」のパワーが紹介されている。店長もやってみました。

2016/03/10

店長は、掃除を第一に考えるというクセになっている。「風水」の前にまず「掃除」である。いくら「風水」が良くても、汚れた部屋で「運気」がよくなるはずがない。掃除をして換気する。不用品を取り除く。それだけでも、プラスのエネルギーは充ちてくる。すっきりとして、前向きな気分になるというもの。

そして、本棚である。見渡せば悲惨な状態。横積みになっている本も多い。これではよくないのは明らか。未読もある。まず入れ替えを行った。これから急いで読む本と役目を終えた本を分けたのだ。不要と思われる本を処分した。部屋がプラスのエネルギーに充ちていくことが分かったのであった。

2016/03/08

店長が「風水」に興味をもってしばらく経っている。知識が増えてきたので、さらにこのコラムで紹介していきたい。「引き寄せの法則」も同じ。ここで紹介したいと思っている。

新しいコンテンツとして「家具や姫のそうじ力研究所」を始めます。この「そうじ」による「運勢向上」は「風水」と同じように大事です。決してバカにはできません。

2016/03/07

「家具や姫のカルチャー倶楽部」で絵画講座を用意しています。これは、お子様といっしょに受講されることをおススメしています。情操教育になり、また脳の発育を促す作用があるのも「絵」であると言われています。この春こそトライすることを強く望みます。

一般に「お絵かき」は、

1.観察眼が養われます。

2.手と脳が刺激され、同時に育つ。

3.抽象思考が発達します。

4.親子間のコミュニケーションが促進される。

5.創造性が育まれる。

6.ボケ防止。

などに良いとされます。愚痴をこぼしながら暮らしていては「ツキ」にも見放されます。お子様と取り組んでみてください。

なお、便利な「お絵かきテーブル」もご用意しています。

2016/03/07

もうすっかり春だ。「みろくの里」は、シーズンオフで土日限定の営業であるが3月14日から通常営業となる。今日は天候にも恵まれ、予約客でにぎわいを見せた。

ちびっ子たちを見ていると、店長の心まで快活になってくる。子供たちのビビッドな動き、歓声が心に響いてくる。店長も「人生」の春を待ち望んでいる。快活なちびっ子たちのように。

2016/03/03

今日は温かい「ひな祭り」であった。10数年ぶりの陽気だそうである。「家具」がよく動く季節でもある。店長は、「空き家調査」が終わったので別のバイトを探している。土日は「みろくの里」があるので、平日で探すとなれば、途端に困難になる。不思議な現象が出現している。それが雇用のミスマッチだ。過労死で自殺する人がいる一方で、仕事がなくてぼやいている人もいる。年齢の条件が、さらに事態を紛糾させる。再チャレンジが困難な硬直した社会である。ミドル世代で失敗すると再起しにくい。それでは、誰であっても挑戦などはできない。社会の在り方として、それが健全だろうか。国民ひとりひとりが夢をいだき挑戦していく。そして、たとえ失敗しても再チャレンジできるように世の中が整備されていること。これが理想であると店長は考える。店長のチャレンジは続く。どこまでも。

2016/03/01

先週のことだが、店長のいとこが、糖尿病を悪化させて急死してしまった。そんなに悪いとは聞いていなかったので、店長は驚いたのであった。だが、自宅で急に倒れてしまい、救急車で病院に収容されたが、すでに手遅れであったという。病名は「糖尿病」である。そして内臓全般が合併症を引き起こしていたそうだ。ところが、葬儀の手伝いに行ってまた驚いてしまった。掃除がされていなかった。まるで「ゴミ屋敷」である。店長は「風水」を調べているので「---掃除をやってなかったんだ」と納得した次第。お家が雑になっていると「幸運」から見放される。それは、原理・原則ではあるまいか。部屋も雑然としていれば気が散ってしまう。不摂生にもなろうというものである。生活に「風水」を取り入れて快適な暮らしが出来るようにしたいものである。

2016/02/23

店長は「風水」の援用を思いついたのだが、すでに同じような「風水」の家具店はネット上には無数に表示される。世の中には先人と云うものが必ず居るものだ、と感心したのである。それで「風水」を調べることにした。さまざまな「風水専門家」が本や雑誌に記述している。矛盾点もあるようだ。だから誰が一番良いのかは分からない。だから、「占い」と同じ誰でも良い、好きな人を選べばよいと思う。美人だから、という理由でも構わないと思う。この慣習はどうも奈良時代から続いているそうで、オレには「関係ない」といって気軽に無視できるものではない。聖徳太子も政治に活用していた。藤原氏だけではない。平氏も源氏も利用していた。先達の知恵は素直にありがたく戴くものである。

2016/02/18

「姉妹サイト」について

家庭用金庫が売れているそうだ。前年度30%アップだそうである。これはマイナンバー導入が理由である。金庫は重いのでサイトで購入する方がいいです。店長の姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」に新コンテンツとして「これなら安心!家庭用金庫」があります。防犯カメラと合わせてご注文になれます。

店長には、残念ながら隠すほどのお金がないので、今のところ金庫購入の予定がない。狙われるほどのお金持ちになってみたい。

2016/02/17

「府中家具」について

家具販売大手の「大塚家具」だけでなく、長く「備後地区」の発展に貢献してきた「府中家具」もその例外ではない。家具の市場縮小は、その底が見えないのである。店長は、府中市内の「空き家調査」のバイトで歩き回ってみたが、商店街はさびれる一方であった。空き家も増えている。その昔、このあたりはたいそう賑わっていた。芸者もいたのだ。我が国の経済高度成長時代、「婚礼家具」といった家具のセット販売は「府中家具」が発祥である。この府中市から全国に広まっていったのであった。その当時、まだカーゴではないトラックの荷台は賑々しく飾り付けられ市内を疾駆していた。あの昭和は終わったのだ。平成は、あとどれぐらい続くのだろう。

2016/02/15

幸運を招く「風水入門」

物事がうまくいかない人は、まず部屋とか自宅の玄関が雑になっていたり、掃除が疎かになっていないか、一度見れば如何なものだろう。悪い「気」が充満している可能性があると思う。「星占い」や「風水」と聞けば眉をひそめるひとがいる。だが、無視したり、無関係を装ったりしてはいけないと店長は考えている。「家具」「インテリア」選びには大事な要素である。そのために「風水」と「家具や姫」を抱き合わせることにした。店長も勉強中なので、仕入れた知識はその都度このサイト・コラムで紹介しようと思っている。なにしろ中国で4,000年に渡って研究され、発展してきたものである。我々には、まったく無関係とは云えない。我々が住んでいるこの街は、そもそも「風水」を基礎にしてデザインされたのである。

2016/02/12

「テーマパークバイト日誌」

遊園地は、山間に作られている。そのため落ち葉が多い。朝礼が終わってからの最初の業務が掃き掃除である。遊具も掃除して10時の開園を待つ。ここでのバイトは楽しい。ちびっ子たちの歓声が心地よい。寒風の中でも走り回っている。店長にも、あんなわんぱく時代があった。あの日に還りたいとふと思う。昨年8月には、ロケで使われた「流星ワゴン」が展示してあった。

あのワゴンが目の前に停車すれば、店長は迷わずに乗り込むだろう。そして実現するかどうか、可能性はなくはないのだが、遊園地の集客アイデアが、いくらでも思い浮かぶのである。先日も、毎日降り注ぐ「枯れ葉」の活用を考えてみた。「カブトムシ」の展示販売である。昆虫の好物は「枯れ葉」である。その「枯れ葉」が捨てるほどもある。小学生に受けるかも。 

2016/02/10

風水の習得に余念がない毎日です。本業が疎かになってしまうほど。で、今日のうんちくを開陳します。「風水」は、中国で4,000年の歴史があるそうですが、なんとわが国に輸入されたのは、あの「邪馬台国」であるそうな。では、あの「魏志倭人伝」に記述がみられる「卑弥呼」は、呪術によって王たりえたということになる。中国では「魏・呉・蜀」の「三国時代」である。店長は驚いた。さまざまな説があるものだが、では奈良時代から行われ、藤原氏が利用するよりも前に輸入されていたということになる。この「卑弥呼」が用いたという儀式こそ「風水」であったのか。奥が深い。その当時には「道教」の1分野であったそうである。これが、主に軍事目的で利用されていた。築城、用兵、墳墓の建立などである。さらに、都市計画、道路の整備などの土木に利用されたらしい。弥生時代に稲作や製鉄の技術とともに「道教」が伝わり、「風水」は古代の神道と結びつき、独自に発達したのだろう。平城京や平安京も「風水」によって場所が決められ建設されたという。

2016/02/07

店長は「マーフィの眠りながら成功する」をおよそ20年前に読んでいる。だが、「こんな考え方もあるのか」と思っただけで実践などしていない。そのせいなのか、現在まで「成功」とは無縁で生きている。だが、明日からは違う(はず)と思いながら1年また1年と過ぎてしまっている。そして、いまは「風水」に凝っている。さっそく部屋の西側に黄色い花を活けている。ベッドの下も掃除したし、本棚の不要になっていた書物を処分した。ところでこの「風水」まやかしも相当量に混ざっているらしい。自称「風水師」がいい加減なことを云うのだろう。国家資格はないのだろうか。聞いたことがないので、たぶん無いのだろう。このサイトには、できるだけ正しいと思われる「風水」を紹介していきたいと思う今日この頃である。

2016/02/06

幸運を招く「風水入門」

三個目のコラム、「捨てて開運!風水整理術」を始めました。最初に「心の浄化」に取り組みましょう。そのためのやり方を記したので読んでみて下さい。この「風水」思想、入口が広ければ、奥行きがさらに長い。何しろ奈良時代から行われている。当初は「藤原氏一族の繁栄」のため、つぎには「平氏の存続」のため、さらに室町、戦国と継承されてきたものであるそうな。江戸幕府成立後も都市計画や寺社建築に活用されたらしい。つまり、日本人の血肉となっている。まして個人的に「運気」を向上させるために役立つなら、利用しない手はない。このやり方で住環境をととのえましょう。このサイトで、さまざま提案していきます。

2016/02/03

幸運を招く「風水入門」

新コンテンツとして、「Dr.コパに学ぶ開運インテリア」をUPし、記事を追加しています。店長より詳しい方もおられると思いますが、家具・インテリア選びの参考にしてください。

家具の売り方としては、何も珍しいものではないようです。「風水・家具店」でグーグル検索してみると、なんと1,600,000個も出てくる。世の中には、同じことを考える人がいるものだ。店長は驚いたのであった。今後は、なるべく他のサイトとの違いを考えていきます。

2016/02/02

スピリチュアルと「風水」あるいは「占い」はどう違うのだろう。同じようにも思うのだが、仏教とキリスト教ほど違うのだろうか。店長は、よくわかっていないので、勉強中である。

店長は、FXトレードを本業にしているが、まだ「自称」の域を出でいない。なぜなら、税務署への申告は赤字なのである。何とかしたいと思っている。それで、風水やスピリッチュアルに興味を持った。運気を向上させ、お金を「引き寄せる」ことができるのなら、魂でさえ売ってしまえ、とばかりの意気込みである。それを皆さんと分かち合いたいと考えている。だから、理解していることを開陳したいと思う。それが、この日記である。

2016/01/30

「テーマパークバイト日誌」

店長は、福山にある「みろくの里」でバイトをしている。今月になって担当ゾーンが変更になった。今は”メルヘン”ゾーンにいる。対象は3歳から5.6歳ぐらい。ここで幼児向けの遊具を動かしている。ちびっ子たちの歓声が心地よい。ときにうらやましくなるほどである。どうして、あんなに感動できるのだろうか、とふと思うのだ。小雨でも関係なくはしゃいでいる。成長するということは歓迎すべきではあるが、時に惨酷なことだな、と思うのだ。なぜならば、誰でも成長すると大抵のことに驚かなくなる。小賢しくなってしまうのだ。店長は、あの日に還りたいと時折思う。初めてブランコに乗って怖くてしょうがなかった日に。鉄棒につかまって、逆上がりができなかった日に。最小段数の跳び箱がクリアできなくて泣いてしまった日に。今日も祖父に連れられたお孫さんがやってきた。喜んでいる二人を見送りながら、店長は小さな声でつぶやいていた。「どうか末永くお幸せに」と。シーズンはずれのテーマパークは寂しい。祭りの後のようである。

2016/01/29

幸運を招く「風水入門」

店長は「風水」を活用した家具の売り方を考えてみた。それが「サイトインショップ」の発想である。家具単品ではなく、「テーマ別の部屋」を紹介するのである。これは我ながら優れた発想ではないかとほくそ笑んでいる。さっそく自分でも始めたのが「風水」の基本とされるものである。これは「部屋の西側に黄色の花束を活ける」というものだ。効果のほどはまだ不明だが、本業のFX投資では、未来に明るい兆しが見えてきた。なお、「講座・風水のすすめ」をコンテンツにして姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」にUPしている。

2016/01/28

店長の本業はFXトレーダーである。今年に入ってがぜん勝率がUPしてきたのだ。どうやら「コツ」を掴んだようである。このFXをコンテンツにしてUPしてみた。興味がある方は姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」にリンクしているのでお立ち寄りください。このサイトの中に「店長の悔しすぎるFX戦記」があります。ここでは、店長が普段使っているインジケーターやその手法を紹介しています。初心者の方には参考に出来ると思っています。

2016/01/08

店長は「府中市」で空き家調査をやっている。気のせいか、神社の数はやや多いようだ。年輪を刻んだ大木を守るようにして建立された小さな祠を見つけた。「カナガミさん」と地元では慕われているらしい。「金山彦神」を祀っている。なんでも「紛失物」の神様であるらしい。それから転じて、商売の神としても信仰を集めている。店長も賽銭を投げ入れ、さっそくお詣りを済ませた次第である。宝くじでも当たらないかな。

2016/01/07

今日も「府中市」の空き家調査に従事した。地元の人に「地図屋さん?」と話しかけられた。それで10分あまり立ち話になった。指さして「あの家も空き家になった」と教えてくれたのだ。なんでも両親が死んでしまい、息子たちは東京で働いており、めったに帰ってこない、と残念がる。高度成長期には「府中の婚礼タンス」の配送トラックをよく見たが、その基幹産業も不振で、地元では勤め口がない、とその人も嘆くことしきりであった。家具のセット販売はすっかり時代遅れになってしまい、日用品や食料品などの個人商店もほとんど姿を消してしまっている。買い物にはクルマが必需品である。少し離れた大型店まで出かけるのだ。過疎化がゆっくり進んでいる、とその方が云った。店長も同じことを思った。

2016/01/06

店長は、バイトで「空き家調査」をやっている。今は「府中市」を進めているのだ。来月初旬には終了する予定。今日は、歴史的価値のある「荒谷往還」周辺を歩いてきた。ここは、古くから石見銀山への重要な街道であったらしい。石州街道である。山陰の石見と山陽道を南北に結んでいる。現在では県道として整備されており、いまも拡幅工事が行われている。その往時には、銀山から産出された金銀を馬に乗せて運んだのだろう。地元の人々は、その運搬に従事して、生計を立てていたらしい。石見銀山と鞆の浦を結ぶ街道があったとは。店長も驚きであった。

2015/12/28

新コンテンツを立ち上げる。「DEN男の隠れ家」である。といっても別荘とかではない。家庭内での隠れ場所を考えてみたい。一般に、家庭内で男の居場所はないものである。

それなら、せめてインテリア・雑貨などを揃えて「男の城」を築きたいものだ。

2015/12/27

店長の地元は福山市である。駅前に唯一の百貨店「天満屋」がある。そして系列店「天満屋ストア」が多店舗展開していた。市内にいくつか存在していた。それが、ここ数年で閉店が相次いでいるのだ。「天満屋」は岡山市に本店がある。本店はいつも賑わっている。だが、この「天満屋ストア」は不振であるそうな。店長が予測するに、このストアは失敗したのではあるまいか。なぜなら、地場の大手スーパーと厳しい価格競争にさらされているのである。百貨店「天満屋」の高級イメージがマイナスになっているのだ。生鮮食品は、他と比べて高額というイメージがつきまとう。事実安くはないのである。店舗縮小、閉店もやむなしと思う。一般家庭の主婦たちにそっぽを向かれては閉店もやむなしである。

スーパー業界に新規参入するとき気が付かなかったのだろうか。「天満屋」に固執せずに別のストアブランドを立ち上げるべきであった。もう遅いのだが、「天満屋」は惜しいことをした。陸上部は、なんとか存続させてほしい。

2015/12/26

幸運を招く「風水入門」

おそらく、即効性を期待しても無理だろうと思われる。それでも実行しないよりは、まだましかも。「風水」である。これには関心がない人には、いくら言っても鼻で笑う。そのくせ、オレには運がないと口癖のようにのたまうのだ。幸せになるのは国民の権利ではない。むしろ義務なのである。そのために努力をはらう。それが理解できないおバカさんがいるのである。どのような境遇であろうと解決できないものはない。それは、財テクなどに失敗して多額の借金を背負っても完済した芸能人をみても明らかである。

とりあえず、自分の周りの掃除から始めよう。方位を気にするのはそれからである。

2015/12/25

幸運を招く「風水入門」

店長は、狂乱のバブル経済の頃、東京で営業をやっていた。ちょうど、このX'マスだが、銀座ティファニーには男どもが長蛇の列を作ったのだった。そして26日を過ぎると、今度は都内の質屋やブランドアクセサリーを扱う買い取り店が大いににぎわった。それは、女たちが貰ったプレゼントの品を一斉に売りに走ったからである。複数の男から同じペンダントを貰っても、手元には1つあれば事足りるからである。懐かしいなあ、「オープンハートのペンダント」---あの頃に戻りたい。そして「ジュリアナ東京」で扇子を持って腰を振る女の子たち。

つい話がそれてしまった。さて本題に入る。「風水」であるが、この効能を店長独自に考察してみる。効き目があると信じると、心が充実してくる。それだ。だから物事がうまくいくのではないだろうか。「引き寄せの法則」によれば、幸運を引き寄せるためには、自分に対する「セルフイメージ」を良好なものにする必要があるそうだ。それを「風水」が手助けしてくれるのではあるまいか。つまり、良きことを念じることで、物事が望ましい方向へと進み始めるのではないか。そう考えると、なんとなくわかる気がするのである。

2015/12/24

「姉妹サイト」について

「防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」のサイトがアクセスを伸ばしている。グーグル検索で1位に表示されている。それに比して注文が伸び悩むのが悩みなのだが---このサイトでの一番人気が「芸能界事件簿」なのである。このコラムはいつ読み返しても面白いと思う。(自分で云うのも変だが)一度読みに来てください。さらにもう一つある。それは「Kshopあうと・どあ・らいふ」である。パワースポット探しを記事にしている。こちらへも立ち寄ってください。

2015/12/23

幸運を招く「風水入門」

風水の金運を呼び込む基本は、部屋の西側に「黄色の花」だそうである。お金がいつも不足しがちの人は、試してみよう。そして通帳は暗い場所に保管すると良いらしい。

まあ、騙されたと思って、いやダメ元でやってみよう。店長は、家具・インテリアの売り方として「風水」の活用を思いついた。それで、1から勉強している。唐だか隋だかから伝わったものらしい。奈良時代から寺院作りや都市計画に使われているのだ。また、現在でも方位を気にする人が多いのは、日本の文化に深くしみ込んでいるのだろう。

2015/12/21

姉妹サイト「Kshopあうと・どあ・らいふ」に「パワースポット」を特集したコンテンツをスタートしている。まず金運向上からUPする。金運は大事である。これさえ身につけば怖いものはない。予定しているスポットはどれも歴史がある。それだけ多くの人に支持されてきた。つまり、ある程度の効能を期待できるのだ。その1例であるが、上野公園不忍池を訪れて欲しい。動物園に行くときには、ぜひとも足を延ばしてください。そして不忍池にある弁財天をお参りします。この池は自然湧出で、昔からパワーが宿っているそうである。

2015/12/18

店長は「空き家調査」のバイトをやっている。福山市が終わり、今週からは府中市を調べている。本日は府中市の北部に位置する「上下町」を調べていた。この地は広島県でも北部にあり、雪はちらつき、それがやがて吹雪になった。両手が冷えてしまい、調査票に記入するボールペンをうまく使えないほど寒くなった。町の中心部は昔の街並みが保存整備されている。まるで「倉敷」のような一角の風景であった。大正時代に建てられた古い旅館などが、そのまま残されている。なんでも江戸時代には、ここ上下町は宿場町であったそうな。そして、府中市は「府中家具」で有名であるが、上下町は、「人形作りの町」としても有名である。店長は、初めてこの府中市上下町を訪れたのである。日本には、こんな「小京都」があちらこちらにあるのだろう。古いものは大事にしたいものだ。店長の地元「鞆の浦」では、埋め立て架橋計画がある。まだ決着をみない。現状保存してほしいものだ。

2015/12/17

グーグルで「通販家具店」を検索してみた。なんと1,800万サイトも出てきたのだ。東京の人口よりも多いではないか。その中でアクティブなサイトは0.01%としても、それにしても大変な数である。一口に家具店といっても、品物は多岐に及ぶ。日用品から木製玩具、それに調理家電などもこのサイトに含まれているのだろう。市場規模は予想をはるかに超えているのに違いない。そんなわけで、家具店の新しい試みをやってみたい。それこそ「風水」の援用である。ひとくくりした商品群のテーマを店長は日夜考えている。ベッドや収納家具の配置にも「金運を高める」ための法則があるらしい。また照明も大事である。さまざま「風水」情報を発信していきます。楽しみにしてくださいませ。

2015/12/16

幸運を招く「風水入門」

店長は、家具販売の新機軸として「風水」の活用を思いついた。それで「風水」について調べている。さまざまな流儀があることも知った。これも中国から伝播した文化なのだろう。人生を一発逆転させるためには幸運を引き寄せる必要がある。そのための手段として「風水」である。これを家具やインテリア選びに用いる。置き場所も「風水」が解決してくれる。玄関には「水槽」を置く。金運が上昇するという。で---まず年末ジャンボだ。

2015/12/15

店長は姉妹サイト「Kshopあうと・どあ・らいふ」を運営している。そして、自転車に乗って健康増進をはかることを提唱している。その新しいコンテンツに「ママチャリでダイエット講座」をスタートしている。専門家の著書をテキストとして使用する。高価なエアロバイクやエクササイズマシンを買う必要はない。お家にある普通の自転車で十分である。特に、出産後や中高年者の方々に手軽な自転車ダイエットをススメしている。お気軽にサイトへどうぞ。http://earlybird75.com

2015/12/11

低迷する家具販売の対策として、われらが「府中家具」ではさまざまな製品が考案されている。その一つが「箪笥和太鼓」である。耳慣れない商品名だ。それもそのはず、箪笥の引き出しがそのまま和太鼓になっている。収納だけを考えている。表だけをみるとただの収納家具である。それが複数の和太鼓になるのである。この和ダンス太鼓が製作され、府中で演奏会が開かれた。見物人が大勢押しかけてにぎわったそうである。箪笥の引き出しといっても和太鼓である。その勇壮な響きは心に響く。この和太鼓で因島村上水軍の千早舟競走をおこなってみたらどうだろう。そうだ。「みろくの里」で演奏してはどうかな。実現には至っていないのだが、店長には集客アイデアが結構あるのだ。将来、遊具も考えてみたいと思っている。

2015/12/10

収納家具というのが、昔ながらの「箪笥」である。”はないちもんめ”のわらべ唄に出てくる。この「花」は花代すなわち芸者へ支払いする料金のことである。「箪笥」は財産を意味する。幼馴染の美代ちゃんは、貧しさゆえ芸者として売られていった。その美代ちゃんに会うために、”ふるさとまとめて”「箪笥」や「長持」を処分した。それが「花一匁」である。わらべ唄では「ふるさともとめて」と歌われたが「ふるさとまとめて」の方が正しい。ふるさとの家財道具を売り払い、花代を作ったのである。吉原の遊女と遊ぶためには大金が必要であった。これが子取り遊びの原点である。「あの子が欲しい」「あの子じゃわからん」「美代ちゃんが欲しい」そう、「箪笥」という言葉は、貧しかった時代の象徴なのである。「婚礼」と「箪笥」を結びつけたのは、わが「府中家具」である。そして、この「家具のセット販売」は、全国区になっていった。荷台に婚礼の横断幕を掲げて配送トラックが疾駆していた。「婚礼家具」は、高度経済成長を支えていたのだ。いまや「婚礼家具」は消えていき、「婚礼」さえも消えようとしている。昭和は消えていく、色鮮やかに---

2015/12/07

ワタミグループが、傘下の「介護事業」から撤退するという。寂しいと思う。店長は、以前大阪で営業していた。そして「渡邉美樹」氏が、「だんじり祭」で有名な岸和田市に、ワタミ第1号の介護施設を建築するとき、店長は建築設備機器を受注・納品した。その介護施設は、「だんじり」を眼下に見下ろすことができる好立地にあった。その後、ワタミ介護事業は、本業の飲食業とともに順調に発展した。当時、店長が勤務していた会社では、宴会に必ずワタミを利用していた。そのワタミに、今は逆風が吹き荒れている。客足が遠のいているようだ。往年の勢いはすっかりなくなってしまった。居酒屋事業は、あまり手を広げてはいけないのかも知れない。どちらにせよ、巻き返して欲しい。

2015/12/06

因島に渡ってきた。因島大橋はいつも美しい姿を見せてくれる。万田酵素の本社はこの地にある。この島は因島村上水軍の本拠地であった。戦国時代には毛利の配下にあった。そのため、大阪湾まで水軍を出し、織田信長軍と戦っている。因島の水軍祭りには「千早舟」の競走が行われる。和太鼓の合図によって競走がはじまるのだ。和太鼓の音は、どうして心にまで響くのだろう。なかなか勇壮である。そして、「しまなみ」をさらに行くと生口島に渡る。瀬戸田町である。この島は、日本画家平山郁夫の出身地であり、美術館がある。旅行者でにぎわっている。住民はお人よしが多く、アルバイトの街路灯調査をやっていると、ミカン農家の方が、持っていきなさい、とミカンをいくつも袋に入れ手渡してくれたのだ。なお、幼児の和太鼓を入荷しています。

2015/12/05

新しいショップを始めます。その名も「家具や姫の素敵なアウトドア生活」です。庭用のプールなど、アウトドアに欠かせない商品を厳選しています。ぜひ、お立ち寄り下さい。このコンテンツは、姉妹サイト「Kshopのアウト・ドア・ライフ」と連携しています。

2015/12/03

店長の地元の「府中家具」の動向は、よく中国新聞に掲載されている。家具販売の不振があって、さまざま新しい試みがなされている。例えば、家具材を使用した「跳び箱」である。小学校に納品されている。ごく最近では、木製の「スマホケース」がある。これは結構人気で、生産が追い付かないらしい。元来、日本では「木」の文化である。「木」のぬくもりは人を癒してくれる。丸太を組み合わせたログハウスをたまに見かける。店長も、このキャンプ地にあるような居住空間に憧れを持っている。だから成功を目指したい。そして、北欧風の自宅を新築したいと思っている。

なお、自己実現や成功心理学関係の書籍を「店長の読書日記」で紹介しています。お立ち寄りください。

2015/12/01

本サイトは、通販家具店であるが、開設当時から、サイト名を「家具や姫」とした。ところが、「大塚家具」の社長は少女時代に、社員から「かぐや姫」とよばれていたと、あの騒動のときに報道で知った。「これは困った。これではパクったと思われてしまう」と店長は思ったが、サイト名をいまさら変更するわけにいかなかった。それで、そのまま使っている。説明すると、説話上のかぐや姫は、両親が家具屋ではない。「香しい姫君」という意味である。「大塚家具」の社長が、香しい少女であったかは、ともかく、魅力的な女性だと店長は思うのだ。今後、どのような経営をされるか、健闘してほしい、と店長は切に願っている。

2015/11/30

店長は家具の新しい売り方として「風水」との抱き合わせ販売を考えた。なかなかいいアイデアだと自分では思っている。そして昨日手に入れた情報で「投資家のための風水」を初めて知ったのだ。投資に向く時間帯があるらしい。面白い。この風水であるが、アフィリエイト・サービスをスタートします。現在準備中ですが、店長が実際学んでみて、効果があるようなら、このコラムで紹介します。

2015/11/28

広島県府中市は、店長の地元福山市北部に位置する「府中箪笥」の街である。今から300年前であった。箪笥作りが始められた。「婚礼家具」というセット販売の発祥の地でもある。現在では箪笥以外にも、さまざまな商品が製造されている。例えば、スマホケースである。これが人気で、品薄状態が続いている。生産が追い付かないそうだ。木のぬくもりは健康にも良い。「風水」の立場で言えば「開運」にはスチールデスクよりも断然木製が良いとされる。この風水を援用した品揃えを店長は考えている。新しい家具販売の提案である。

2015/11/27

尾道に残る伝説---昭和の大女優、原節子

終戦から8年後である。一目見たいと空前絶後の観衆が集まってきた。あの「原節子」さんをこの目で見たい。「原節子」云うまでもない、昭和の大スターである。その彼女が天寿を全うしたという。95歳の大往生であった。人気絶頂であった。往年は清潔感があり、真の美女であったという。小津安二郎監督の「東京物語」、その撮影は尾道で行われた。店長の母親は、尾道の出身である。母もひと山を徒歩で越えて、この女優を見に出掛けたそうである。当時、混雑を避けて、原節子は一つ手前の駅で下車したそうな。昭和を代表した美人女優、「原節子」永遠に。ご冥福をお祈りします。

2015/11/26

サイト・イン・ショップは、着想して即座に開店できる。これがネット通販家具店の良いところである。テーマを決めて、その部屋単位で商品を紹介していく。店長が考えたやり方である。次は「10代のために・風水の部屋」どうでしょうか。で、店長はさっそく風水の勉強を始めてしまった。

さて、「大塚家具」であるが、北野たけしが週刊誌で「大塚家具の親子喧嘩は、出来レースではないの?」という意見を述べている。そう疑いたくなる程、結果は「大塚家具」にとって儲けものであった。マスコミは勝手に宣伝してくれるし、株価も上がったのだ。これを金額に換算すると相当な額になる。例えば株価であるが、上げるためには自社株買いを実行する。当然大金が必要だ。マスコミに取り上げてもらうためには、”事件”が必要だ。そして宣伝費には億単位の資金がいる。だが、これらを計算ずくで行ったとは、到底思えない。もしそうだったとすれば、大塚親子は天才である。

2015/11/24

店長は、新発想のネット家具店として、サイト・イン・ショップを考えている。これは、商品を種類別に紹介するのではなく、部屋ごとにテーマを決めて、それら部屋ごとに商品を紹介していくという手法である。この手法は店長オリジナルである。ネットショップならではの発想なのである。今日現在で3部屋開店している。「賢い子に育つ子供部屋」「異性にモテモテ!癒しの部屋」「成功するトレーディングルーム」今後も追加する予定である。

2015/11/22

再び「大塚家具」の再生について店長なりに考えてみた。先の親子喧嘩は、娘の方が勝利した。ただし路線変更は容易ではない。それに今更「ニトリ」のような販売方法は「大塚家具」にはできそうにもない。考えてもみよう。「大塚家具」で97円の生活用品を売ることができるだろうか。到底無理だ。だが、手がないわけではない。第二のブランドを立ち上げるのである。たとえば「オオツカ」である。これでは「ニトリ」をマネしているようで居心地よくないかな。「オオツカ」のライバルと考えられるのが「ニトリ」やその他のホームセンターである。先の親子喧嘩は「大塚家具」にとってはプラスに働いた。宣伝費に換算すると何億円にもなるという。マスコミは勝手に取り上げて放送した。一連の騒動を「狂言」ではないかと疑いたくなるほどである。

2015/11/20

店長が家具店を立ち上げたのは、単なる気まぐれや思いつきではない。実は、店長の地元福山市の隣が府中市である。ここは江戸時代からの全国有数の家具の生産地なのである。「婚礼家具」という家具のセット販売も府中市が発祥であった。家具は府中で生産され、筏に乗せられて芦田川を福山港まで下っていた。そこから大型船に載せられ大阪をはじめとした消費地まで運ばれたらしい。古の往時はさぞや勇壮な光景であったことだろう。

2015/11/19

本サイトは「通販家具店」である。だが、その品ぞろえは日々変化している。コンセプトは「生活向上」である。当然ながらユニークな商品を探すことになる。家具から雑貨へと拡大していくのは当然だと店長は考えている。サイト・イン・ショップの発想は、サイトでなければあり得ない品揃えを可能にする。それがリアルな家具量販店を凌駕する唯一の方法である。というわけで、「家具や姫」はさらに進化します。

2015/11/17

店長は家具shopの在り方を「ニトリ福山店」で学んだ。約1カ月をバイトしたのである。1階フロアーを磨いているときも観察を怠らなかった。カートの回収中にも観察を怠らなかった。サイトでこの「家具や姫の家具店」を出店していたからである。1階では「生活用品」が並んでいる。多種多様の商品が展示され、実際に売り上げが多かった。まるでホームセンターの様相であった。ベッドや収納家具は2階フロアに展示されていた。店長は驚いた。「ニトリ」は、家具量販店のあるべき姿であった。「大塚家具」にはとうてい成しえない集客力である。そう、家具こそ「家族生活」の中心なのである。そして周辺に「生活用品」があるのだ。店長は感心した。「ニトリ」が家具量販店として躍進するのも当然だと思った。

2015/11/14

ペガサスの朝---店長は地元のテーマパーク「みろくの里」でバイトしている。今日は、前日の雨が少し残っていた。店長の担当は、今日も「メリーゴーランド」である。店長は木馬の種類を知らなかった。小学生に教えてもらった。翼が付いているのが「ペガサス」である。店長は木馬を丁寧に雑巾でふいた。そう、ペガサスの朝を口ずさみながら。「みろくの里」では、「星空の下の遊園地」と銘うち"Winter illumination 2015"を開催している。花火の打ち上げも行われる。また、デジタル・イルミネーションは音楽と連携して色彩が変わっていくのだが、これは中四国地方で最大規模を誇っているそうな。クリスマスももうすぐ。素敵なカップルがやって来ると、店長はそっとつぶやくのだ。幸せになってください、と。

2015/11/12

家具量販店のビジネスモデルをいち早く構築したのが「ニトリ」である。店舗1階売り場の様相は、まるでホームセンターさながらである。多種多様の生活用品が並ぶ。この「ニトリ」が「大塚家具」を参考にしていないことは確かである。他の業種でもクロスオーバーは見受けられる。最近、店長の地元福山市内に、大型電化製品の「エディオン」が新開店した。ここでは、ブランド腕時計のショップもあるのだ。そして家電で競合していた「コジマ」は閉店した。「コジマ」の跡地に「ビッグカメラ」が新規開店するらしい。そのすぐそばにはガリバー「YAMADA」が偉容を誇っている。だが、広島市では、さらに大型専門店間の競争が激化しているらしい。うーむ、厳しい。顧客の奪い合いだ。知恵と汗をより多く出した方が業績を伸ばすのだろう。

2015/11/10

コンテンツを増やしています。商品を選び易いように改編しています。例えばベッドです。種類が多いです。最近では収納タイプも人気です。さらに、製品ごとに独自のコンセプトを与えることにしました。すると、商品に新しい命が宿ります。ベッドルームとCDを組み合わせ、ヒーリング音楽を併売することにしました。「家具や姫のぐっすりタイムはヒーリング」の誕生です。

2015/11/05

新ショップ「家具や姫のおしゃれなギフト館」を開店しました。松坂牛のギフト券やバカラのグラスなどお洒落なギフト商品を魅力的に揃えています。ぜひお立ち寄り下さいませ。また、このインショップは「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー・ベビーモニター」とコンテンツと共有しています。

2015/11/02

最近、店長は量販家具店とホームセンターの垣根が消失したのかも知れないと思っている。店長は今年3月に「ニトリ福山店」で短期アルバイトに取り組んだ。品揃えを勉強するためであった。店舗の床を掃除しながら、カートを回収して所定の場所に配しながら、店内を観察していた。そこで新発見をした。調理家電やマッサージ器の売り場である。店長は驚いた。家具店でありながら、さながらホームセンターと変わらぬ品揃えであった。

商売はアイデアなのだ。アイデアの優劣が勝敗を決める。ネット販売において店長が思案したアイデアは、店舗内店舗であった。例えば「こたつでほっこり」には、日本酒を販売するコンテンツを作る。さらに「お取り寄せ食材」を同時に販売する。---などである。

2015/10/29

通販で大人気の「亀山社中のタレ漬け焼肉」を数量限定で入荷しています。お早目にどうぞ。「Kshopあうと・どあ・らいふ」のサイトで注文できます。また、同サイト内の「瀬戸内ワインショップ」に、スパークリング・ワインを入荷しています。ぜひ、お立ち寄り下さいませ。

2015/10/27

姉妹サイト「Kshopあうと・どあ・らいふ」のコンテンツ名称を1部変更しました。「しまなみ物産」は「しまなみ味街道」になり、お取り寄せ食材など増やしていきます。また、防災関連のコンテンツや商品を拡充します

2015/10/17

トップページを読みやすいように改良しました。さらに古い記事を削除しています。今後ともよろしくお願いします。

なお、姉妹サイトに店長の法人公式サイトをUPしました。金融関連に絞った内容です。店長おススメの書籍も紹介しています。

こちらへどうぞ。「アーリーバード公式サイト」

2015/10/05

姉妹サイト「おのみち しまなみ サイクルショップ」は、リニューアルのためサイト名を「Kshopあうと・どあ・らいふ」に変更しました。

今後は、アウトドア用品、スポーツグッズ、防災用品、健康、グルメの総合サイトをコンセプトにショップを展開していきます。今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

2015/09/30

もう10月。秋の深まりを感じる朝夕です。ところで姉妹サイトとして店長の法人「アーリーバード」の公式サイトを開設しています。コンセプトはユニークそのもの。投資と自己実現です。さまざまな瞑想法などを案内しています。またFXや株式の実践メモとして記録を残すつもりです。まだ準備中ですが、途中の閲覧も可能です。こちらへどうぞ。http://earlybird77.jimdo.com/

2015/09/23

公式サイトを開設しています。FXトレード・ノートを中心にしたサイトです。http://earlybird77.jimdo.com/へどうぞ。

また姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー・防災用品」にバブルを演出した平成経済事件の大物を取り上げました。

ぜひ覗いて見てください。

2015/09/15

家具の量販店に限らないが、どんな店舗でも業態展開のテンポが早いようである。店舗だけにテンポが早い。例えば「ニトリ」そして大御所の「ユニクロ」である。最近のショップ・ブランドに「GU」がある。自由なファッションがコンセプトだ。だからGUなのだろう。安易なネーミングだが悪くはない。「ニトリ」もD.I.Yで「ニトリ・デコホーム」というホームセンターを展開中である。ベタすぎるのが「洋服の青山」である。

ショップブランドは「キャラジャ」なんのことだ?店長は理解に苦しむ。所詮、福山市出身の「田舎侍」なのか。そういえば「ニトリ」は札幌、「ユニクロ」は防府市である。なんだ、同じ穴のムジナか。

2015/09/10

店長は今年3月、家具の量販店「ニトリ」で梱包、接客などのアルバイトをしていた。ここで、家具店の品ぞろえなどが勉強になったのも事実である。接客を担当していた時、年配のお客様が「きみが、感じが良かったので、ここでベッドを買うことにしたよ」と云ってくださった。美少年出身の店長の本領発揮ではあった。家具店でもマッサージ機器や調理家電が売れている。店長には驚きであった。そして季節性である。新しく大学生になり、家を遠く離れて下宿生活を始める。それが最大の家具や生活用品需要を生むのである。箸1本、お茶碗1個から買っていくのである。

梱包しながら「こんなもの、下宿先で買えよ」と思っていた。思えば店長も大学生になったとき、大阪まで布団などを送ったものであった。お客様の配送伝票が「大阪府吹田市」だったりすると「大学の後輩になるのかも」と懐かしく思いながら梱包していた。時代は流れる、色鮮やかに。

2015/09/07

店長の姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」に、人気コラム「芸能人事件簿から人生を学ぶ」がある。このコラムはすべて店長のオリジナル文章で、コピペなどは一切ないものだ。もちろん現実に取材したわけではない。ネットでたいていの情報は入手できる。それに店長の記憶に頼っているのだ。だから作り話などではない。ぜひ、1度寄ってみてください。

2015/09/05

店長はWワークとして、「空き家調査」の仕事を始めている。観光地として人気の福山市鞆町であるが、空き家が多くなっている。更地にせよといっても、重機も入れない。人力で作業をするほか手はなく、新たに土地の使い道はなさそうである。墓地にでもする以外に用途がないのだ。昔の人はどうやって機材や資材を運んだのか、謎である。消火活動のようなリレーでもしたのだろうか。全国での「空き家」は全世帯の1割を超えたそうである。移民を受け入れるか国がなくなるか、選択を迫られるXデーがやってくるのだろう。

2015/08/28

姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」に新たなコラム「店長厳選・昭和金融事件簿」を始めました。

また、「おバカ事件ファイル」はアクセスが増えています。こちらは人気コラムに育ちました。ぜひ立ち寄ってください。

2015/08/26

姉妹サイト「素敵な変身・コスプレ宅配便」の人気コラム「発狂の夜」を更新しました。コスプレ犯罪を記事にしています。ぜひ立ち寄ってください。そして、おバカな事件は、ところ構わず起きるものだ。そのおバカな事件ファイルはこちらです。「通犯・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」で展開しています。

2015/08/25

姉妹サイト「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー・ベビーモニター」に新コンテンツ「Kshopカルチャークラブ」を設けました。各種の講座などを紹介します。第1弾は「生け花」です。また、音楽CDや映画DVDを入荷していく予定です。

2015/08/20

またも台風がやってくる。みなさんは防災対策は万全ですか?

飲み水は大事です。また、熱中症対策にも有効です。ところで、みなさんは「飲む酸素」を知っていますか。このサプリは、すべての頑張る方にオススメしています。「O2サプリ」です。姉妹サイト「おのみち しまなみ サイクルショップ」でお求めください。

2015/08/17

姉妹サイト「通販・防犯機器・ドライブレコーダー」の人気コラム「店長の読書日記」を更新しました。「人はなぜ過ちを犯すのか」を数回に渡って記事にする予定です。おもしろい内容になりそうです。ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

2015/08/14

店長もひさびさの休日となった。それもあって、コンテンツを2件追加しました。「バス・トイレ・サニタリーグッズ」と「安眠すこやか枕専門店」です。店長のイチオシは、「今治タオル」「石鹸ホワイトレイン」です。ぜひお試しください。どちらも肌さわり最高ですよ。

2015/08/10

お子さんに、絵本の読み聞かせをやってあげていますか?大事ですよ。心の豊かな人間に育ちます。姉妹サイト「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー」には、大人向けの「オリジナル絵本」を多数ご用意しています。

2015/08/08

銀座まるかんの社長は、納税額で日本一を誇る。店長は「理想の人」と勝手に思い定めている。もちろん面識はない。ないが、その著書ならほとんど読んできた。こんなことを云っておられる。「安い物で良いから、何か光るアクセサリーを身に付けなさい。運気が向上するよ」と。

なるほど、そうなのか。店長はうなった。と、前振りはこのへんで、姉妹サイト「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー」の紹介です。

コンテンツに「Dancing Stone」があります。ニューヨーク発のアクセサリーのブランドです。新着商品を入荷しています。ぜひ、立ち寄ってくださいませ。

2015/08/06

姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」の新コラム「必読!おバカ事件ファイル」を始めています。あまりにも、ばかばかしく、些細な悩みなど吹き飛んでしまいます。読んでみてください。世間には秀才が多いが、おバカさんはその10倍もいる。店長なりの論評を加えました。

2015/07/31

姉妹サイト「通販・防犯機器・カメラ・ドライブレコーダー」の新コラム「私の愛したスパイ」がある。これがまったく進まない。

資料を集めるのに苦労している。いましばらくお待ちください。

2015/07/30

「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」のサイトに「店長の読書日記」という人気コラムがある。久しぶりに更新している。

ぜひ立ち寄ってください。古典的名著「西国立志編」を紹介しています。人生を変えたい人には、ぜひ読んでもらいたい本です。

2015/07/28

姉妹サイト「おのみち しまなみ サイクルショップ」に「しまなみ物産」がある。ここでは、主に瀬戸内の特産品を揃えている。それでいっそのこと食材全般を扱ってはどうかと考えている。今後の展開が楽しみである。期待してください。

2015/07/26

店長は、姉妹サイト「素敵な変身・コスプレ宅配便」のコンテンツを「Kshop通犯・ジュエリー・防犯ブザー」と共有したいと考えている。この二つのサイトの共通のコンセプトは「美魔女」である。そこから「魔女裁判」というコラムを着想した。ただいま準備中です。

2015/07/25

週末台風がまた沖縄近海に発生したようである。災害対策はできていますか。事故になってからでは遅いです。日頃からご家族でよく話し合っておきましょう。何を持って出るか。どこで落ち合うのか。日頃の備えが大事になってきます。ではみなさま、Good Luck!

2015/07/23

また、「ドローン」がネットで話題になっている。どうやら米国の大学生が、銃を取り付けたらしいのだ。遠隔で撃つことができる。殺人もOKだ。

かつて、オウム真理教がラジコン・ヘリを使って毒ガスを撒こうとした。あの頃に「ドローン」がまだ世の中に無くてホント良かったと思うのだ。

ラジコンは「おのみち しまなみ サイクルショップ」で注文できます。多種、ご用意してお待ちしています。

オウム真理教については、いずれ、「通販・防犯機器・ドライブレコーダー」のサイトに、まとめてみたいと思っている。

2015/07/22

姉妹サイト「素敵に変身・コスプレ宅配便」に新コラム「魔女裁判!中世暗黒史」を始めます。西洋はこのような惨酷な歴史を共有していたのかと

唖然とする思いです。決してロマンに充ちたものではありません。ただいまオープン準備中です。しばらくお待ちください。

2015/07/21

「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」のサイトに、新コラム「必読!おバカな事件ファイル」を始めました。まるで作り話のような日本中がひっくり返るようなおかしな犯罪を集めています。わが身と比べてみると、なんだか安心できるからふしぎです。サイトにお立ち寄り下さい。

2015/07/20

「しっかりママのHouse Hold」にマイナスイオン発生型の冷風扇を多数入荷しています。今年の蒸し暑い夏の夜を乗りきりましょう。

そして、重要なことは、家庭の防犯対策です。性犯罪が多発するのも夏です。しっかり対策しておきましょう。夏休みのアルバイトに精を出す女性も多いことでしょう。夜の独り歩きは極めて危険です。自覚すべきです。家族の方は、必ず送り迎えをしましょう。

2015/07/19

姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」がグーグル検索の防犯機器カテゴリーで第1位に表示される。そしてSEO対策のため、コラムを毎日のように更新している。犯罪の記事をまとめているのだが、その重さに頭がどうかなりそうなのだ。そして、記事にするか、それとも敬遠すべきか迷っている事件も数多い。たとえば、「足立区綾瀬女子校生コンクリート埋め事件」がその筆頭である。年数が経過したが、まだ、店長の気分は晴れることはない。これは「ひどい事件」であった。その日以来、店長の私は「足立区」まで大嫌いになってしまった。もちろん「足立区」に何の罪もないことは言うまでもない。しかし後になって、東京23区で最も平均年收が低いことを知った。この経済格差が犯罪を生むのではないか、と私は思っている。

2015/07/15

「家具や姫の通販家具店」は、コンテンツが増加の一途だ。さらに「サニタリー」を考えている。めざすは総合サイトである。木製玩具も、もう少し商品を増やしたい。期待してください。なお、姉妹サイト「おのみち しまなみ サイクルショップ」に「ガーデニング」を追加しました。こちらのコンテンツと共有している。

2015/07/14

早いものだ。このサイトを始めてから1年になろうとしている。コンテンツもてんこ盛りになってきた。ここでは、家具・家電の総合サイトをめざしている。ブログは府中タンスから始まって「大塚家具」のお家騒動まで、こちらもてんこ盛り。量販店は、家具・家電ともに、曲り角にきていると思う。ネットショッピングがまだ伸びるのか、誰にもわからない。むろん店長の私にも---。

2015/07/13

また、イジメ自殺が起きてしまった。そして、いつもながら、それを学校は隠そうとする。もはや、学校にはイジメの予防能力も解決する力もない。すべての教室に防犯カメラを付ける時代になってしまった。警察を常駐させるような時代になってしまったのか。困ったものだ。

2015/07/12

店長の地元は広島県である。店長は東京で20年営業を経験した。地元より東京の方が詳しいほどである。それはともかく、広島県警が発表するところによれば、特種詐欺の広島県のこの1年の総被害額が10億円を超えそうだという。恐ろしい勢いで増えている。困ったものだ。店長はニュースに接するたびに、ドストエフスキーの名作「罪と罰」を想い出す。この続きは他日に

2015/07/11

さて、大塚家具である。ロゴが変りイメージが良くなった。金持ちしか相手にしない、といった「コーマンチキ」な印象は消えている。「ニトリ」の路線を踏襲するのは、店長の私は反対である。だが、一般大衆を大事にしなければ、「大塚家具」に未来はないと思うのだ。家具の量販店は、家電もそうだが、踊り場にあると思う。「大塚家具」は高級路線を壊すべきではない。ただし、お客様は気軽に入店できるようにすべきだったのである。久美子社長の今後は楽しみである。

2015/07/10

「瀬戸内ワインショップ」にベルギービールを入荷しています。Kshop通販へどうぞ。また、「おのみち しまなみ サイクルショップ」には、

「尾道ラーメン」を入荷しています。合わせてどうぞ。

2015/07/08

店長が運営する姉妹サイト「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー・ベビーモニター」に新しいコンテンツを追加しました。

「木製玩具」を共有しています。また、hoby(おもちゃ)を多数入荷しました。

2015/07/07

七夕だが、店長の地元では生憎の雨もよう。先日、「瀬戸内ワインショップ」を紹介した。これは「しまなみ物産」の姉妹店という設定である。

世界のビールも取り揃えようと思っている。サイトはそれぞれ総合スーパーの様相を見せている。今後の展開を期待して下さい。

2015/07/06

瀕発する未成年連れ去り事件。奈良県のケースは無事に保護されたようだ。取りあえず良かった。今回も防犯カメラが役に立ったようである。

子供には、やはり防犯ブザーを持たせるべきである。そして、いつも店長は思うのであるが、犯人は決まって無職なのだ。にも関わらず犯行に使うクルマを持っている。これは、親にも責任がありはしないか。定職に就かない人を犯罪予備軍というつもりはないが、人は暇を弄ぶとロクなことがない。極論をあえていうと、彼らから、クルマを取りあげるべきではないのか?

各種防犯ブザー・小型カメラ・ドライブレコーダーのお求めは「通販・防犯機器・ドライブレコーダー」へどうぞ。

2015/07/05

店長は、健康増進のために自転車をおススメしている。そして幼児向けに「ランニング・バイク」これは、ペダルが付けられていない。地面を蹴って進む。そのためバランス感覚が養われる。プレゼントにもよい。ぜひ検討してください。2歳児から乗れます。自転車の上達も早い。1日あれば十分である。

お求めは、姉妹サイトへアクセスして下さい。どちらでもどうぞ。

「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー・ベビーモニター」

「おのみち しまなみ サイクルショップ」

どちらのサイトもコンテンツ豊富、コラム豊富です。ぜひお立ち寄り下さい。

2015/07/02

よくも毎日、想定外の事件が起きるものだ。死ぬのは勝手だが、他人を巻きこんではいけない。そもそも、71歳で生活苦に陥るのは自分が悪い。

年金のせいではない。ましてやJRのせいでもない。死ぬ気で仕事をすればよい。全国に70歳を超えた警備員は大勢いる。それぞれ立派にやっておられる。テロ行為を行うなど言語道断、もってのほか。店長は「秋葉原殺傷事件」を思い出した。これから、おそらく高齢者の犯罪が増えるだろう。

防犯・防災への取り組みは急務である。➫「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー・防災用品」へどうぞ。コンテンツ豊富です。

2015/06/30

先日、「瀬戸内ワインショップ」を紹介した。残念な点が一つ。それは「フィンランドのビール」を入荷していないことである。ビールのラベルには、ある日本人の顔が印刷されている。誰だか知っていますか?---Heihachiro Togo 日露戦争を勝利に導いた、あの東郷平八郎さんです。

当時、フィンランドは、大帝国ロシアの制圧下にありその圧政に苦しめられていた。そして、あの日本海大海戦が勃る。ロシアのバルティック艦隊の出港を絶望的な思いで見送った。「これで、トーゴーの艦隊は沈み、日本は負けてしまうだろう」結果は、ご存じの通り。フィンランドの人たちは、歓喜にわいた。それがフィンランドのビール「トーゴー」なのである。

2015/06/29

姉妹サイト「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー」に新コンテンツ「瀬戸内ワインショップ」を開店しました。店名は「瀬戸内」ですが、世界のブランドをセレクトしています。「おのみち しまなみ サイクルショップ/しまなみ物産」は瀬戸内の特産品をお届けしています。ぜひご利用ください。

2015/06/28

瀬戸内豊後水道で獲れる「くろめ」ネバネバして納豆やオグラのようである。身体に良いとされる。この味噌汁を「おのみち しまなみ サイクルショップ/しまなみ物産」に入荷している。どうぞ、お立ち寄りくださいませ。こちらのサイトは、スポーツ、アウトドアなど多彩でコラムも多い。遊びに来て下さい。

2015/06/27

この「家具や姫の通販家具店」のサイトが「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー」の次に表示されている。グーグル検索である。店長の私が一番驚いている。カテゴリーはともかく、上位に出て悪いことはない。SEO対策を意識していたわけではない。コラムを書くのが好きなのでやっていただけである。とにかく素直に嬉しい。だが、犯罪を調べていると頭がヘンになりそうだ。「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」にアクセスしてコラムを読んでください。あなたを変える、何かがあります。

2015/06/26

本サイトでは、家電に注力している。家具も家電もなくてはならない。「しっかりママのHOUSE HOLD」にて商品を増やしています。そして、姉妹サイトに防災・救急セットを用意している。これらは「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー・ベビーモニター」「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」と共有している。そのせいか、グーグル検索で上位に表示される。

2015/06/25

店長がバイトしているテーマパークでは、もうすぐプール開きである。水着を着ることも多くなる。女性の間で、脱毛が祕かなブームだそうである。

姉妹サイト「Kshop通販・ジュエリー・防犯ブザー」「ビューティ・グッズ」の中に「脱毛器」を用意しています。

お立ち寄りください。商品豊富です。

2015/06/24

姉妹サイト「通販・防犯機器・ドライブレコーダー・監視カメラ」に、犯罪事例をコラムにまとめている。よくまあ事件が起きるものだ。

ネタに困るということはない。サギ、盗み、ひったくり、殺人まで。コラムは歴史を掘りおこすことまで取り組んでいる。こつこつやっているので、グーグル検索で1位に表示されている。しかし、あまりに犯罪が多く、頭がオカシクなりそう。興味がある方はアクセスお願いします。

2015/06/22

かつて、家電といえば、日立、三菱、東芝、松下であった、さらに三洋やシャープ。今では違うらしい。

家電が日本の物作りをささえてきた。ところが昨今では輸入が拡大し、性能も見劣りしない。安価ときている。で、国内メーカーの捲き返しがある。ひと昔前であれば、見向きもされなかっただろう。たとえば「アイリスオーヤマ」がそれだ。いつの間にか家電メーカーに変貌を遂げている。このサイトでも積極的に紹介したい。店長も応援したいと思っている。

2015/06/20

ここのサイトでは、庭に置くセンサーライトを紹介している。もし防犯用を探しているのなら、姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」に多数あります。

コラムも豊富です。ぜひアクセスして下さい。

2015/06/19

グーグル検索すると、このサイトが通販・防犯機器のカテゴリーで4ページ目に表示される。家具では上位には来ない。

なお、第1位にはわが「通販・防犯機器・ドライブレコーダー・監視カメラ」が表示される。これをキープしてアクセスUPにつなげたい。このサイトは「家具や」の量販店をめざしている。今後、家電品を増やしていくつもりだ。

2015/06/16

店長の地元、中国新聞に「府中家具」の記事が掲載されている。

府中市は、中国山地で伐採された木材の集積地だったそうだ。木材は、芦田川を流されて福山まで運ばれた。やがて、農家の副業としてこの地で家具作りが始められた。それ以降、全国有数の家具産地として発展を遂げることとなった。1956年にセット販売を始める。これは画期的なことだったという。「婚礼家具」と名付けられたこれらのセット家具は、それこそ飛ぶように売れたらしい。店長が子供のころは、お嫁入りは一大行事で、花嫁饅頭が近所に配られた。また「婚礼家具の橫断幕」で飾られたトラックをよく見ていた。

しかし、世の中の変遷には逆えなかった。生活様式は変り、家具の事業所は80年の126ヶ所から34ヶ所まで減少している。

「府中家具」は、長年にわたり備後(県東部)経済を支えてきたのである。

2015/06/15

姉妹サイト「おのみち しまなみ サイクルショップ/しまなみ物産」を再開しました。瀬戸内の特産・名産品をご用意しています。

また、このサイトでは幼児向けのペダルのないサイクル「ランニングバイク」を招介しています。

このランニングバイクの練習場をテーマパークに設営してはどうだろうかと、ふと思った。

残念なことには、店長の私は、テーマパークのオーナーではないことだ。

金持ちになった時には、ぜひ実現させたいと心から願うのである。

2015/06/14

コンテンツに、「すてきなガーデニング」を追加しました。そして商品はまだ少ないですが、少しずつ増やしていきます。犬型のセンサーライトを入荷しています。防犯にも使えますが、カメラ機能付をお探しなら、「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」へどうぞ。

2015/06/12

店長は、地元福山にある「みろくの里」というテーマパークでバイトしている。

「鞆の浦」からほど近い、山間にある。私の現在の担当は、スワンライダーである。ここには野生動物が生息する。この遊具のホーム下に「うさぎ」が居た。発見したのは宝塚市からやって来た小学生だ。「うさぎがいた!」よく下を見ると1匹いる。

「うさぎ」といえば瀬戸内の呉市から近い「大久野島」には大量にいるらしい。店長も訪れたいと考えている。

2015/06/11

コンテンツに、「恋人たちのTable Ware」を追加しました。そして世界ブランド「Le Creuset」を入荷しました。まだ、少ないですが、増やしていきます。お待ちください。

2015/06/10

このサイトは家具屋さんであるが、品そろえは、ホーム全般をコンセプトにしている。今後考えているのは、家電と洗濯用品だ。さらにトイレ用品、テーブル・ウエア、ガーデニングを増やすことを考えている。期待してください。

2015/06/08

店長は、防犯・防災に関心があり精力を注いでいる。姉妹サイト「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」である。このサイトを「通販・防犯機器」でグーグル検索すると1ページ目の上位に表示される。人気コンテンツは「芸能界の事件簿」で、アクセスも多い。過去・現在を問わず、気になる事件・事故をUPしている。このサイトは例を見ないユニークなもので、コンテンツは日々増強されている。興味がある方は、アクセスしてください。

2015/06/05

店長がバイトを行っているのは、地元福山にある「みろくの里」というテーマパークである。

ここでテレビドラマ「流星ワゴン」の撮影が行われた。つまり「鞆の浦」からほど近いのだ。

広島県外の修学旅行の小・中学生が観光バスでやってくる。ほとんど、広島の平和公園とセットが組まれているらしい。また、今月多いのが、兵庫県宝塚市の小学校である。

今日の福山は一日中雨が降っていた。しかし遊園地にやってきた小学生には、天候などまったく関係ない。全員簡易的なレインコートを羽織っているのだが、その姿で園内を走り回っている。次の遊具は何にするかが最大の関心事で、雨などにかまっていないのである。これは大人にはマネができない。店長はその光景を見て、大いに感動した。人生における時間の経過を認識しないおおらかさにである。もちろん、子供なら当然のことに違いない。だが、ある程度社会の経験を重ねると、このようなおおらかさなど持ちようがない。そして世の中には、それを忘れない奇特な人もいる。だから彼らは経済的な成功を勝ち得たのだろう。

2015/06/03

店長が運営している防犯・防災サイトは、グーグルの検索で1位をキープしていたが、2社に追い越されてしまった。店長もあわてて商品を追加してみたが、順位変動は起きなかった。う~む、悔しい。なお、本サイト「家具や姫の通販家具店」が同じ防犯機器のカテゴリーの4ページ目に表示されている。不思議だ。

このサイトは「通販・防犯機器・監視カメラ・ドライブレコーダー」です。コンテンツがとても多く、かつ有益な情報が満載なのだ。ぜひお立ち寄りくださいませ。また、話題の「ドローン」も揃えています。

2015/05/27

5月も過ぎゆく。今年はテーマパークでバイトを始めている。家具の量販店ではバイトは短期で終わってしまったが、今度は長期契約なので、当分続けたいと思う。

本日は、宝塚市の小学校から大勢の児童がやってきた。小学生が帰った午後3時ごろには閑散としてきた。ちょうどその時間からは、花壇で花植えを手伝った。作業を進めていて店長は思った。「なるほど、スタッフが従事するからお金が残るのか」と。それは倉敷市のテーマパーク「チボリ公園」の廃園についてである。自治体が運営していたテーマパークは軒並み廃園に追い込まれている。なぜか?それは自治体が運営すると赤字が増えていくからである。経済合理性を追求できないのだ。赤字なら税金を投入すればよい。「チボリ公園」では、花壇の整備に業者を使っていたが、その経費は相場よりもはるかに高い契約料だったらしい。これでは廃園もやむなしである。

2015/05/25

尾道市に「厳島神社」?

尾道の対岸に位置する「向島」。尾道水道をはさんでいる。この島は「サイクリスト」の「しまなみ海道」への入り口である。

そして、この向島の西部には衛星のような小さい島がある。これは「岩子島」である。そして、島には「厳島神社」が存在する。パクリかと思ったのだがそうではない。広島宮島の「厳島神社」と同時期に建立されたらしい。さらに、夏にはあの「管絃祭」も開催される。夕陽を照らす「朱塗りの鳥居」も宮島と同じである。この地では映画「男たちの大和」が撮影されているのだ。なるほど知らなかった。ロケ地は安芸の宮島ではなく、尾道の「宮島」であったのか。

2015/05/20

尾道しまなみ海道の一つ、尾道市生口島で初めてとなるトライアスロン大会が開催される。夕陽が美しい旧愛称瀬戸田サンセットビーチがメイン会場である(新愛称に変更:しまなみレモンビーチ)

このビーチは、店長がバイトをしている「みろくの里」と同じ企業が運営しているらしい。この島ではサイクリングのお手伝いをするバイトがあるそうな。1度「しまなみ海道」を尾道から今治まで走破したいと思っている。

2015/05/18

店長は、地元のテーマパーク「みろくの里」でバイトをしている。健康維持が主な目的であって、決して生活苦が理由ではない。(と、しておこう)この遊園地は、TVドラマの撮影が行われた。そう、「流星ワゴン」である。この撮影で使用されたワゴン車であるが、ここ「みろくの里」で8月17日に展示会が行われる。

このワゴンは空想上のクルマであるが、実際にあれば、ぜひ乗り込みたいと痛切に願うのだ。相続した家・土地を売却してでも。高校生からやり直してみたい。---と考えていたら目が覚めた。がっかり。

2015/05/17

店長の地元福山市で、恒例の「福山バラ祭」が行われた。来場者は主催者によると80万人という。バラ公園で見ごろを迎えたバラは16,000本。パレードには48団体3,000人が参加して祭りを盛り上げた。残念ながら店長はテーマパークでバイトをしていた。この祭りは年々にぎやかになっているようだ。もし、出来得るなら、アイドルグループの一つも呼んでもらいたい、と思う。

なお、最優秀賞は神石高原町のよさこいグループ「神石踊娘隊」が受賞している。

2015/05/16

店長が幼いころ、地元では「ろばパン」というパンの移動販売があった。本物の「ロバ」が「パン」のカーゴを引っ張っていた。いつも店長の家の前で立ち止まり子供たちを待っていた。そのテーマ音楽は今でも覚えている。

これが、いつの間にか姿を消した。本物のロバの代わりに動力は軽四トラックになった。軽四になっても音楽は変わらなかった。やがて、そのクルマの移動販売も姿を消した。

テーマパークでのバイト中に、この「ろばパン」を復元することを思いついたのだ。これを遊園地内で実際に使ってパンの販売をしてはどうだろう。夏には、「パン」の代わりに「アイスキャンディー」を売っても良い。プールサイドで待機させてもいいのでは。

想像するだけで面白い。でも店長の私は、残念ながら、この遊園地の株主でなければ、経営者でもない。思いを実現するためには、お金持ちでなければならない、と痛感する今日この頃である。

2015/05/15

さて、店長は本業の合間に地元福山にある、テーマパーク「みろくの里」でバイトをしている。山間に建設されているので、健康に良い、と思うのだ。日差しは弱くないのだが、さわやかな風が吹いている。なかなか心地よい。それにいつでも森林浴である。

今日は、養護施設からのお客様があった。私の係は「メリーゴーランド」である。介護の先生に付き添われて障害者の女性がやってきた。そして、木馬に一人で乗るという。私は「支えなくても大丈夫ですか?」と訊いた。先生は「大丈夫ですよ」という。そして彼女は、問題なく木馬に跨ってくれた。木馬が回転を始めると、楽しそうに、その先生に手を振った。大人の女性なのに、まるで幼児のように笑っている。その女性、話すことはできないようであった。私は、その光景をみて涙が出そうなほどに感動した。

そして、二人を見送ったのであるが、「あらゆる幸運が雪崩のように押し寄せてきますように」と思わずにはいられなかった。

2015/05/14

店長運営の姉妹サイト「素敵変身・コスプレ宅配便」には、ブログ「発狂の夜」がある。ここでは、コスプレについて歴史的考察などを行っている。興味がある人は立ち寄ってください。

ところで、三島由紀夫をご存じだろうか。市ヶ谷自衛隊に押し入り、割腹自殺をとげた作家である。

彼がデザインしたとされる「盾の会」の制服は、今思い出すと究極のコスプレではないか。一見軍隊のようでもある。ミニタリー調のデザインだ。三島作品のなかでは、「金閣寺」「青の時代」を気にいっていた。何度か読みなおしている。とにかく、コスプレ発祥の地は「市ヶ谷自衛隊」ではあるまいか。多少強引か。歴史でいうなら、やっぱり「忠臣蔵」の浪士の装束だろうか。

2015/05/12

今年は台風が多い。現在四国沖を移動中だ。店長の地元福山も雨が降っている。店長は、地元のテーマパークでアルバイトをしているが、天候が悪いと休業になってしまう。

ところで、テーマパークではペット同伴禁止だ。おそらく、どこでもそうだろう。いろいろ不都合なことが予想されるからだ。無理もないとも思う。しかし年に数日、遊園地の閑散期だけに限って、同伴可能日を設定してはどうだろう。イベント会場に「ドッグ・ラン」を設けて、来場者のペット同士で競わせる。また、ペット専用のマッサージルームを設ける、など。さまざまな集客・催しが考えられる。

どうです?グッド・アイデアとは思いませんか?

2015/05/11

店長は、お金をつかんだら「ペット同伴OK」のカフェを出店したいと考えている。まだ、地元福山にはないのだ。細部にわたって構想を練っている。そして、ペット専用のマッサージ店を併設したいと考える。

背景の音楽も考えた。モーツアルトである。勝算は十分にあるのだが、先立つものがない。それが最も重大である。今のところ、おおきな声で発表できるものではない。残念であるが---

2015/05/09

地元の中国新聞に訃報記事が載っている。福山の伝統工芸である琴のメーカー「小川楽器製造」社長小川賢三さんである。

福山は琴の市場占有率70%を超える。同社が作っていたミニチュア琴は、スペースシャトルに乗って宇宙へと旅立ったこともある。故小川社長は琴製造の新技術導入のほか、その普及にも人生を注がれた。

謹んでご冥福をお祈りします。

2015/05/07

少し前になる。店長の地元福山に姉妹が経営する居酒屋があった。その店名が「笑笑」といった。店長は偶然入ったのだが、すぐに大手居酒屋チェーンの屋号のパクリではないかと疑った。そして、初めて利用したその日に疑問を投げかけてみた。すると「この店では、10年以上前からこの名を付けている、マネをしたわけではない」という。こちらが元祖と云わんばかりだった。

ところが、地元のニュースで、大手「笑笑」本部から、商標権侵害でこの居酒屋が告発されたという。

なんでも、「勘違いしたお客様から本部に通報され、発覚した」という。

商標権は登録された人が保持しているので、私の店が元祖だ、といくら主張しても始まらない。

最近では、中国国内でこのパクリが横行している。だから神経をとがらせているのだろう。

結局、地元の居酒屋は「笑笑」の看板を撤去した。店名も変更した。おそらく和解したのだろう。

だから、あの日に忠告してあげたのに、と店長は思った。

2015/05/06

GWの最終日を迎えた。早いものだ。昨日、広島県内で、さまざまなイベントが行われた。

広島では、「フラワーフェスティバル」尾道では「尾道港祭り」どこも活況だったという。天候にも恵まれた。それにしても、子供たちの喚声は素晴しいと思うのだ。底抜けに明るい。それも、意味もなく笑うことができる。

何時の間にか大人になって笑わなくなった。意味もなく笑えるということの、なんと素適なことか。

2015/05/05

店長は量販家具店の短期バイトを終えたので、新たにテーマパークで働いている。そう、地元の企業が経営する「みろくの里」である。TVドラマ「流星ワゴン」のロケ地にもなった。GWなので、家族連れのお客様が多く、連日賑わっている。子供たちの歓声を聞くのも悪くない。おまけに山間に作られたので、毎日森林浴をしているようだ。「子供の日」のきょうは、特に来園者が多く、終日多忙を極めた。店長の係りは、「メルヘン館」と名付けられた「迷路」だが、ちびっこたちには大人気で、鏡板が幾重にも設置されている。いったい何が面白いのか、たいていの子供たちは、何度でもトライする。大人は1度で興味を失うのに。ここに特別な「しかけ」はない。なんにでも感動できるのは、子供の特権である。

2015/05/01

店長は、姉妹サイトで「通販・防犯機器・ドライブレコーダー・監視カメラ」を運営している。このサイトでは、特にコラムに力を入れていて、日々更新している。先日、どうなっているかと思いグーグルで検索してみた。店長は驚いた。「通販・防犯機器」では第2位にランクインしている。さらに、「通販・ドライブレコーダー」では第4位にランクインしていた。いずれも、「楽天」や「Yahoo」よりも上位に位置しているのだ。豊富なコンテンツには自信がある。だが、特別なこと(SEO対策など)はやっていない。

男女間のトラブルから犯罪に発展したものや、高齢者への詐欺事件などを取り上げている。その他、地震などの自然災害に言及している。興味があれば、気軽に立ち寄りください。http://earlybird65.com

2015/04/30

先日、韓国ソウルで、日本の高校生が集団万引きした事件があった。結果的に、詫びるために、教師が生徒を引率して再び韓国へ渡り、盗品を返却したことで、和解が成立したようだ。

万引きは、韓国では重大犯罪であり、収監もありうるということであったが、事なきを得た。

これには、裏話がある。

被害を受けたそのショップは、ブランド品のコピー商品(偽物)を扱っていたそうだ。

そのため、事を荒立てることを嫌ったのだろう。正規のブランド販売店ではなかったことが、幸いした。

これは、日韓双方に恥ずかしい話であった。

2015/04/27

「因島アメニティ公園まつり」しまなみビーチにて。

店長が運営している姉妹サイト「おのみち しまなみ サイクルショップ」で、幼児向けの「ランニング・バイク」を推奨している。

この自転車には、初めからペダルがない。足でこいで進むので、バランス感覚が養われる。短時間で自転車に乗れるようになる。さらに身体能力が向上する。

そして、このランニング・バイクの大会が因島で5/4、5/5に行われる。

「ランニング・バイク選手権INいんのしま」である。

また、このまつりでは、「村上水軍」の伝令船(小早という)に乗船し、海上で櫂を漕ぐ体験ができるのだ。

この日は、因島全体がテーマパークになる。夕陽も美しい。魅力満載の「しまなみ」である。

「ランニング・バイク」は「おのみち しまなみ サイクルショップ」でどうぞ。

2015/04/26

現在では、福山市を拠点とする路線バスの会社になっているのが「鞆鉄道」である。機関車の煙突が「らっきょ」に似ていたので、地元では「らっきょ鉄道」と慕われていたらしい。いまや歴史上の話なので、この店長も走る姿を見たことはない。福山駅前から終点の鞆の浦に向かう途中で、しばしば立ち往生するので、仕方なく乗客が降りて列車の後ろを押したという。馬力が不足していたらしい。それが本当の事なのか、店長もよく知らない。小学校時代に聞いた話である。もし、この「鞆鉄道」を復活できれば、観光資源として集客に大いに貢献すると思う。

だが、実際に走らせることはもはや不可能だ。それは福山城の堀が掘削不可能であるのと同様である。それで提案するのだが、地元のテーマ・パーク「みろくの里」で実現できないものだろうか。----実物大では無理か。

2015/04/25

1946年12月、援助マリア修道会(フランス)が福山に学校を作ることになった。それが、「福山暁の星学園」だ。終戦の翌年のことであった。そして、4人のシスターたちによって、1台の「オルガン」がフランスから持ち込まれた。そのオルガンは1867年の製造である。なんと、日本では幕末「大政奉還」の年である。

その「オルガン」は小学校の倉庫で長年眠っていた。廃棄処分寸前のところ、元校長先生の尽力で復元されることになった。そして、復元されたその「オルガン」は4/24同校の体育館で伴奏のため演奏された。150年前の重厚な音色を響かせたという。

古い物には値打ちがあるものだ。店長は「福山城」の堀が現存していないことを残念に思っている。

もし、今に残っていれば、「福山城」は優れた観光資源であっただろうに。江戸時代の初期に創建された「福山城」は、りっぱな堀を湛えており、勇壮な風情であったらしい。

2015/04/24

このほど、文化庁が日本遺産に「おのみちの街」を選出したという。「尾道」は、観光振興として、さらに発展していくものと思われる。尾道松江線も全面開通した。これで、瀬戸内をはさんで、愛媛県今治市から島根県松江市が一本でつながったということである。それに対して、嘆かわしいことに、わが街福山市では、「鞆の浦」という歴史的景観を台なしにする動きがある。困ったものだ。

2015/04/23

技術の進歩は、とにかくスゴイと思うのだ。今話題の小型・無人ヘリコプターである。その名も「ドローン」というらしい。もともと軍事目的で開発されてきた。当然であるが撮影もできる。すでに攻撃能力も有している。この「ドローン」を活用して、物流に一大変革がおきるかもしれないという。アマゾン社では、高層階マンションへの配達を可能にしたそうだ。一方、セコムは防犯用に研究を進めているそうである。

離島に物資を運搬するという取り組みもある。映画撮影も変わってくるだろう。広島土砂災害でも、被害状況をいち早く調査するために、この「ドローン」が活用された。

だが、課題も残っている。法整備だ。まだこれからだという。「ドローン」は、http://earlybird65.comでどうぞ。

2015/04/21

さて、店長は姉妹サイトでUSAアマゾンのアフィリエイトに取り組んでいる。これが、なかなか優れているもので、まだ日本国内で売られていないものを輸入できる。もちろん転売しても良い。オークションへの出品という手がある。

店長は、オークションの経験はないのだが、近い将来に取り組みたい。サイト拡張のプランだけは、店長の脳内で鳴り響いている。

期待してください。

2015/04/20

店長は、短期バイトで家具の量販店で働いた。リアルな家具店の品揃えを参考にしたい、と考えたからである。収穫があった。コンテンツはそうして増やすことができたのだ。また、その量販店で、お客様がベッドを購入してくれた。「あなたは(つまり、この私のこと)、とても感じが良かったので、この店で買うことに決めた」と言っていただいた。店長は、接客業にも向いている、と素直に喜んだのであった。

ところで、「大塚家具」である。

富裕層中心に業績を伸ばしてきたものの、近年のデフレ環境下では苦戦を強いられた。現在、久美子社長は、路線変更を模索中だ。

店長は関係者でもなく、また株主でもない。単なる部外者にすぎないのだが、私見を述べたいと思う。

「大塚家具」は、富裕層相手の路線を堅持すべきだと思う。いまさら、「IKEA」や「ニトリ」を追随しても消費者の支持は得られまい。大事な固定客が離れていくおそれがある。では、どうすべきか。

まず、大都市中心に多店舗展開をはかる。

さらに、接客であるが、高級ペット同伴可能店舗にする。ペット用マッサージルームやプレイルームを併設する。そして、コーヒーなど飲料のサービスの充実をはかる。

お客様は、日本全体の0.04%の富裕層中心なので、資産運用のアドバイス窓口を設ける。

これらのサービスは、当然だが、量販店ではできない。さらにお子様には、絵本の読み聞かせサービスを定期的に行う。どしても量販店へ舵取りをするなら、「新ブランド」を立ち上げるべきである。

ところが、これには相当な時間・費用がかかる。そのころには、デフレを脱却して、インフレが進行して

いるかもしれない。デフレ下で成功してきたのが、「ユニクロ」であり「ニトリ」である。さらには「洋服の青山」であった。店長が、「大塚家具」は二重の誤りを犯そうとしている、と指摘してきたのは、デフレが終了する兆しがあり、そうなった場合には、高級化路線の方が正しいと思うからである。

以上は、店長の勝手な妄想であるからして、関係者の皆様、どうかご容赦を---

今後の「大塚家具」の健闘を祈りたい。

2015/04/19

広島空港での航空機着陸事故には驚いた。なにしろ、店長の地元福山から近いのである。

事故直後にはエンジンが火を吹いており、機内にいる乗客には、今にも機が爆発するかと思われたそうである。大事にならなくて、本当に良かったと思う。

ところで、福山にも空港建設の計画があった。それが、現在の三原市に広島空港の建設が決まったので、その時点で、「福山空港」建設は、立ち消えとなった。その福山空港建設のために買収された用地は、現在ではテーマパーク「みろくの里」として開発された。

この「みろくの里」と「鞆の浦」で、TVドラマ「流星ワゴン」の撮影が行われた。多くの市民がエキストラとして協力したそうだ。

テーマパークの経営者は、地元の造船会社「常石ホールディング」である。その中核企業、常石造船は、フィリピンでアジア最大級の造船所を運営している大企業だ。関連企業も多く、海上コンテナ輸送も手がけている。

また、福山市内で大手コンビニ・チェーンを展開するなど、その事業は多岐にわたる。

これは、確実な話なのかどうか。かつて、常石造船の息子が恋愛をしたのだが、その相手は全日空、若狭会長の娘だったらしい。「飛行場も持っていない男には娘をやれない」と若狭会長に云われたという。空港など、個人で所有するほうがオカシイのだが。

そのとき、当時の神原さん(この話の当事者で、常石グループのオーナー家の息子)は、「では、福山に空港を建設します」と答えたという。そこで、空港建設用地として買収した山林が、現在のテーマパーク「みろくの里」として発展した。

真実かどうか疑わしい話だが、この「福山空港株式会社」には、地元出身で故人の元総理大臣宮沢喜一先生(宮沢家おひざ元)も重役の一人であったという。夢のある壮大な話ではある。

ちなみに、故宮沢先生の孫娘のひとりが、現在AKB48のメンバーであり、上海のAKB48で活躍している

2015/04/18

店長は、このサイト「家具や姫の通販家具店」のコンテンツ拡張の参考になれば良い。そう考えて、家具の量販店で短期アルバイトに従事していた。希望通りに、品揃えは参考になった。

調理・小型家電やマッサージ器具を商品コンテンツに追加したのが、そうであった。また、家具には季節要因が大きいことも知った。特に3月、4月は、新しく下宿生活を始める大学生が多く誕生するので、家具店は繁盛するのだ。そして、5月から比較的暇になる。そのため、正社員は少ない。ほとんどは派遣社員か短期のアルバイト社員である。その間、このサイトで注文が入ったので、願い通りになった。

購入された方、本当にありがとうございます。このブログで感謝いたします。

2015/04/17

店長は、永年勤務した工作機械メーカーを本人都合で退職し、現在はバイト暮らしである。実にのんびりと暮らしているように、人目には映っているらしい。ところが現実には、1分たりとて安心はない。なぜなら、為替投資を本業にしているからだ。やってみると精神的にキツイ。特にN.Yの市場が開くと、レートは乱高下を繰り返す。だから、21:30を過ぎると、まるで戦場のごとくである。相場の動きが、保持しているポジションと逆光でもすると、もう地獄で暮らすようなものである。ネット・ビジネスを一刻も早く軌道に乗せたい、と思うこのごろだ。

2015/04/16

店長の地元に工学系の私立大学「福山大学」がある。ここのスマートシステム学科では、超小型衛星打ち上げのプロジェクトを立ち上げたという。この試みは、地方の私立大学では、めずらしい。

目的は、土砂災害の予測であるそうな。

また、地域活性化のため、地元の企業との連携を模索中という。

開発した小型衛星を、JAXAのH2Aロケットへ相乗りさせ、地表からの観測データを受信し、観測データ・画像を返送してくる。それを分析して災害予測に備えるという。時間がかかっても、成功させて欲しい。

2015/04/15

店長の地元、福山市の隣が「サイクリストの聖地、尾道」である。この尾道市では、特に観光に力を入れている。

尾道には、千光寺公園下など、石段がやたらに多い。そして、尾道観光協会では、この石段をライトアップすることを考えた。

新たな観光資源の開発に取り組むらしい。

そのため、世界的な照明デザイナー「石井幹子デザイン事務所」に業務委託したという。

23箇所のライトアップ候補石段を選出した。デザイン・イメージ図が郷土の新聞「中国新聞」に掲載されている。

幻想的な光景である。

2015/04/13

「IKEA」のアフィリエイト準備完了しました。北欧家具・雑貨など商品点数が多いので、楽しく買い物ができます。

欲しけれど近所に店舗がない、と嘆いておられる方に朗報です。

どうぞ、ご利用になってください。

2015/04/12

店長の地元は瀬戸内に面した鞆の浦がある福山である。気候温暖、台風や地震もほとんどなく、暮らしやすい。

すぐ隣は尾道である。今月、中国縦貫道の未開通部分が完成。愛称は「やまなみ街道」と名付けられた。

これによって、瀬戸内を挟んで、愛媛県今治から山陰島根まで道路が繋がることになった。

これは、すごいことである。今治でタオルを買って、出雲大社でそのタオルを使って顔が洗える。

それはともかく、自転車走破も可能になった。店長も挑戦したい、と考えている。善は急げである。

2015/04/11

「IKEA」が躍進している。近所に店舗がない方のために、ネットで注文できるように、アフィリエイト・サービスを始めることになった。ただ今、開設準備中である。まったく、便利な世の中だ。家具を探している方は、ぜひアフィリエイト・サービスを活用してほしい。

商品も多種多様、充実すると聞いている。また、家具だけでなく、雑貨類も数多い。

2015/04/10

どこでも同じとは思うが、店長の地元では「スーパーマーケット間の競争」が激しい。

福山市で大手スーパーの「ハローズ」と岡山市で大手の「山陽マルナカ」である。「お互いの商圏を尊重する。無闇にお互い新規出店しない」という紳士協定が崩れ去った。スーパー仁義なき戦い、といったところ。双方がお互いの本拠地に新規出店している。

これは、消費者にとっては歓迎することでもある。また、福山市には、「エブリイ」というスーパーも躍進している。ここでは地元でTVCMまで流している。「エブリイ」は、自社で野菜の生産を開始したそうだ。6月から店頭に並ぶという。また、新鮮な魚の安定入荷のため、漁船1隻を丸ごと買い付ける契約をした。「エブリイ」の新しい試みは、広島では注目されている。熱い戦いである。どちらも健闘してほしい。

2015/04/09

店長の地元「鞆の浦」では、鯛網漁が大昔から行われている。この漁は、現在では、鞆の観光名物になっている。

昔は、本当に鯛が獲れたらしいのだが、現在では、その鯛網漁に合わせて、活きた鯛を放流しているらしい。

福山市では、このたび、「鯛網漁」を市の歴史遺産にするという。

現市長は、鞆の浦の埋め立て架橋計画を撤回してはいない。ただし、監督官庁の広島県では、開発工事を許可しない方針で、現在も論争が続いている。今回、広島県では、埋め立ての代案を示して、9億円の予算を付けた。それは、護岸工事を行いその上に管理道路を建設するというもの。市長は、一定の理解を示しているが、市民からは、埋め立て架橋工事と変わらない、景観を壊す、という意見が出ているという。

2015/04/08

先日、めずらしいボンネット型の路線バスを見かけた。鞆鉄が鞆の浦行きだけで運行している。

このバスは、市内の自動車博物館が所有していたものだ。それを鞆鉄が買い取って再生したものである。

ところが、このバスと遭遇することはめったにない。1日に1回だけの運用なので無理もない。まるで、新幹線の「ドクターイエロー」のようである。

もちろん、このボンネットバスと遭遇すれば幸運が舞い込む、ということもない。

レトロな雰囲気は、なかなかいいものである。その昔、鞆鉄道は動力が極めて弱く、坂道で立ち往生して、乗り合わせた乗客たちが、外に出て後ろから押していたそうな。そんなバカな。ホントかいな。当時の大人たちが、少年の頃の私をからかったのでは?と、今では思っている。

ともかく、ボンネットバスの画像があれば添付したいのだが、残念ながら、今はないのだ。いずれ撮影したいと思っている。

2015/04/07

店長の地元は福山市である。古くからバス会社がある。社名を「鞆鉄道株式会社」という。

かつては、福山駅前から鞆の浦まで鉄道が走っていた。現在、鉄道の会社名だけが残り、バス会社になっている。

この鞆鉄道が現存していれば、強力な観光資源になっただろうと思われる。また、現在の福山城には堀がない。むろん江戸時代には堀があり、小船がそばまで入港していた。創建当時には、そこそこ勇壮な城郭だったそうである。

堀は明治期には不要とされ、都市開発として埋め立てられた。山陽本線の福山駅は堀を埋め立てて建設されたものだ。堀が現存していれば、こちらも強力な観光資源になっているだろうと思われる。どちらにせよ残念でならない

2015/04/06

さて、中国自動車道、尾道松江線(愛称は、やまなみ街道)が全面開通した。

これによって、瀬戸内愛媛県の今治から島根県の松江までが繋がることになる。

さまざまなイベントが催され、活気を呈している。

店長の地元、福山から出雲までが近く便利になった。出雲大社まで、クルマで出かけたいと思う今日この頃である。

しまなみ海道が完成して、尾道市は今治市と共に「サイクリストの聖地」を打ち出したが、見事に成功している。

観光客がおよそ1.4倍である。対するに、観光面で地盤沈下を続けているのが、店長の故郷福山だ。

鞆の浦の歴史的(大伴家持が万葉集で和歌を詠んでいる)景観は、埋め立て架橋計画で、ほとんど台無しにされようとしているのだ。

2015/04/03

店長が子供のころには、花嫁さんを追いかけて「花嫁饅頭」を手にしていた。

当時「婚礼箪笥」は、高級品であって、普段に手に入れられる代物ではなかった。

云わば、ある種のステータス・シンボルでもあった。見栄の象徴でもあった。

それが、廃れてしまったのは、2,3LDKに住む人が圧倒的に増えてしまったからである。

とりあえず必要とされるものは、電化製品に移行してしまう。だから、次第に婚礼家具のトラック搬送が姿を消してしまった。記憶をたどってみると、なかなかに面白い。同じころ、店長の地元では「ろばパン」があった。

これは、ろばがパンを売りに来るのだ。いや正確には、ろばがパン庫を引っ張っていたのだ。

店長は、まだそのときの音楽を口ずさむことができる。音楽が近づいてくると、ろばパンがやってくるのだ。

小銭を親に貰って、パンを買いに走った。ろばの後ろを何人かの子供が追いかけていた。

当時は、大体の日本人が貧しかったのだが、子供たちの目には希望が輝いていた。

アベノミクスで未来の夢を描けるのだろうか。疑問である。

2015/04/02

「大塚家具」への憂鬱。

デフレ経済は去りゆこうとしている。またもや、値上げに苦しむことになるのだろうか。かつてのように。

バブル経済のころ、店長の地元、福山市近郊の「府中タンス」のとある業者は、売れ残った家具の定価を10万円

高くして店頭に出したところ、たちまち売り切れたという。高い家具ほど売れたのだ。この時代、奇妙な空気が日本全土を覆っていた。だから「大塚家具」も躍進したのである。

ところが、その後は低迷を続けてしまう。無理もない。バブル崩壊以降は、高級家具は売れなくなってしまったのだ。

デフレ下にあって躍進したのは「洋服の青山」であり「ユニクロ」であった。

また、「イケヤ」であり「ニトリ」であった。これらのデフレ勝ち組企業は、現在そろって高級化を打ち出している。

つまり、インフレ対策を検討しているということである。

ここでも「大塚家具」は裏目を引いている。娘の久美子社長は、「ニトリ」が念頭にあるらしいからだ。

「大塚家具」は高級化路線を堅持するべきである、と店長の私は思う。

断っておくが、私は株主でなければ関係者でもない。ただ憂いているだけである。

どうしても路線変更するなら、「大塚家具」とは異なる「新ブランド」を立ち上げるべきだ。

そして、ツープラトン方式で運営するほうが正解だと思う。

どちらにせよ、多難な船出というべきだろうか。

今後の「大塚家具」の健闘を心よりお祈りしておきたい。

2015/03/29

端的に言って物価が上昇しない、給料が増えないデフレ経済は約20年も続いていた。

アベノミクスが登場するまで、世の中は前途に夢を描けない状況であった。

その間、企業業績が伸びたのは「ユニクロ」に代表されるデフレに強い企業である。

対して、高級感、高額品を追求していたのが「大塚家具」だが、この会社、時代の流れに背を向けている。

だから業績低迷も納得できるのだ。経営者であれば、理解できるはずだ。

「大塚家具」は安売りをしない。イメージを損ねるようなマネをしない。量販店とは一線を画す。

それが、父・創業者の一貫した企業テーマであった。

それを娘社長も「継承」していけば良いと思う。いまさら、量販店でもない。しかも、今後は脱デフレ、インフレが日本を襲う。

だから、「ブランド」を分ける以外に手はないだろう。もう一つの「大衆ブランド」を作りだす。高級店でも安売り店でもな

い、第3のブランドである。店長の私は残念ながら株主ではない。株主ではないのだが、関心は高い。

このお家騒動、「大塚家具」の広告効果は数十億になるだろう。健闘を祈りたい。

新ブランドは、「オオツカ」でも良い。

創業者である父親・会長の路線に否を突きつけたのが、誰あらぬ娘の久美子社長なのである。

これを世間では一般に「世代交代」という。

まもなくデフレは終焉を迎える。そしてインフレ経済がすすんでいくはずである。だから、量販店への業態改編は失敗する。

高級路線を堅持しつつ、別ブランドを立ち上げて、量販商法にもトライすべきであるが、そううまくいくかどうか、結果は未知数である。

2015/03/27

「大塚家具」の株主総会が終了した。結果は、店長の私の予想通りであった。株主の多くは、世代交代を求めている。もちろん、経営方針への関心が高かったのも事実だろう。

どちらにせよ、家具販売は曲がり角にきている。店長の地元に近い「府中の婚礼家具」が興隆を極めたのは、高度成長経済のころの話であった。現代は違う。高級店へ出向かなくても、ネットショップで買える。豪華な家具は要らない。どうせ、転勤で困るからである。ならば量販店でも良い。それが大衆行動というものだ。デフレが続いている状況下であれば、高級路線では、勝ち目はない。

だから親子喧嘩をしている場合ではない。ブランドを分けて営業するほかに道はないような気がするのだ。

2015/03/26

「大塚家具」の株主総会が迫っている。ここにきて両者の新たな動きが報じられている。

会長側には「フランスベッド」そして社長側にも内外の投資ファンド。

店長の私は、残念なことながら株主ではない。だが興味と関心がある。

もちろん、我が家は、高級家具が似合うような邸宅でもないのだが。

いつかは、揃えてみたい「大塚家具」である。

2015/03/24

家具販売大手の「大塚家具」の株主総会が迫っている。昨晩、報道番組に出演したのが、渦中の娘、久美子社長であった。会長優勢が伝えられているが、なかなかどうして、しっかりした人物のような印象であった。

店長の私は社長を支持するが、残念ながら、私は株主ではない。

高級家具も需用が多く、捨てがたいと考えるが、キッチンだけで15畳という世帯が、そんなに多いとは思えない。

ほとんどの世帯では、転勤も多く、2~3LDK賃貸マンションなのである。だから大衆路線が売上を伸ばすわけだ。

ましてや、デフレ下にあればなおさらだ。まあ、どちらでも良いか。

2015/03/20

住宅のリニューアルならよく聞くのだが、家具にもリニューアル製品があるとは知らなかった。

中古家具の販売業者は知っていた。残念ながら、店長は高級家具を目にしながら育ったのではないので、古くなった家具はすべて処分するもの、と思っていたのだ。

最近では、古い家具を作りなおして再利用するケースも増えているようだ。

新しく買ったほうが良いのに、と思うこともある。

考えてみれば、我が国では、江戸時代からものを大事にしていた究極のエコ社会であったらしい。

和傘なども張り替えて使っていた。捨てるものなどほとんどなかったらしい。

家具も親の代から孫子に伝えられ、幾世代も大切にされていたのだろうと思うのだ。

2015/03/14

さて、竹取物語「かぐや姫」の養父母は、家具屋さんではない。家具屋の娘だからそう呼ばれたのが、「大塚家具」

少女時代の現社長である。創業者の父親は、この娘を溺愛したという。

「かぐや姫」の意味するところは、「香しい(かぐわしい)」女性ということである。

同様の説話はアジア各地にあり、それぞれの文化に則して話の内容は異なっているそうだ。

「大塚家具」の娘社長が「香しい」かどうかはさておき、彼女は、経営感覚に優れ、相当に優秀な人物であるらしい。

残念ながら店長は株主ではないが、「大塚家具」は騒動発覚以来、株価が2倍になった。

これは、市場が世代交代を期待してのことなのか、ともかく、結果は株主総会がはっきりしてくれる。 

2015/03/11

このショップサイトを立ちあげたとき、家具店なので、「格安家具店」では、面白くないと思い、安易なダジャレのつもりで「家具や姫の素敵なお店」を考えた。

ところが、この「大塚家具」のお家騒動である。現社長である長女が少女時代には、父親(現会長)からは、溺愛されており、側近は全員が家具やのお嬢さんなので「かぐや姫」と呼んでいたそうである。

店長の私は、困った。わがショップ名を変更すべきかと。

変更となると、登録されている検索サイトなどをすべて変更しなければならない。どうすべきか、店長の私は弱り果てている。

2015/03/09

季節はずれだが、墓参りに出かけた。場所は母の実家がある尾道市である。母の長兄は2年前に亡くなっている。

この叔父さんは、あの「シベリア抑留」から健康な身体で、無事尾道に生還できた。

叔父さんは、もともと「家具職人」だったのだ。それが無事に生還できた理由である。

なぜなら、過酷な炭鉱労働にそれほど従事しなくて済んだからである。

職人の腕を買われて、収容所内で修繕作業を任されていた。しかし、もともと頑健だったのだろう。

シベリアでは、仲間を大勢喪っているが、健康で長生きされたと思う。生前は、尾道特産品の「いちじく」を栽培して

いた。それも、何度か地元の農協から表彰されていた。

店長は「福山」よりもむしろ「尾道」に愛着がある。それは、幼児期によく母といっしょに出かけたからである。

千光寺公園のロープウエイに初めて乗ったとき、おおいに感激した。「いいな、尾道の人は、ロープウエイがあって」

と、福山にはないので、くやしくて仕方がなかった。

ところで、「家具販売店」であるが、「カジュアル」だけではいけない。

高級家具店も必要だ。裕福な家庭も一定数存在する。だから、「大塚家具」には、高級家具店で存続して欲しいと思うのである。別のブランドを立ち上げて2本立てで経営するのが一番だと考えるのだ。

まあ、経営路線の対立というよりも「父娘の対立の根」は複雑だろう。

次の株主総会が注目される。

2015/03/07

さて、再びあの「大塚家具」である。

テレビの情報バラエティ番組では、堂々の横綱扱いである。それも、裏で糸を引く「黒子」がいるなどと。

そう、会長夫人の存在である。いわく、「長男を社長にしたいらしい」とか。やれやれ。

会長の発言には、風あたりが強い。溺愛していた社長職の長女が邪魔になったかのような発言。

そして、長男の存在、単に会社経営方針の衝突でもなさそうである。

いずれにせよ3/27の株主総会で決着する。

2015/03/04

家具についてもう少し調べてみた。(Wikipedia)による。

家具は木製が多いが近年では金属製なども製造されている。かつては「きもの」の保管・収納用として用いられてきたが、湿気を吸収し易くて、さらに燃えにくい材料として「桐」が重宝された。これが最高級とされていた。

桐箪笥と言えば衣類収納用としてイメージが湧く。

2015/03/01

府中家具の関係者が発案したという、タンス和太鼓。

これが、意外に「太鼓の響き」がいいらしい。太鼓は円形という常識をひっくり返したのである。

しかし、残念ながら普及はしない、と思う。府中市では、この「たんす和太鼓」を使用して披露会が行われていた