ようこそ

「これは便利!目から鱗の生活アイデア特集」です。

便利な生活アイデアを蒐集。厳選しています。

参考になさって下さいませ。

畳のへこみを直すコツ

箪笥などの跡がへこむことがよくあります。どうやって直しますか?

大抵のへこみは直すことができますよ。畳のへこみに「当て布」をして、スチーム・アイロンをかけます。その後は、しばらく風を通してスチームの湿気を乾かします。

さあ、これで元通りの畳になります。そして「模様替え」を楽しんで下さい。

最近どうも胃が気になる、あなたはどうですか?

ストレスの多い現代社会です。つい胃薬に手が伸びてしまう。くすりで症状を緩和するのもほどほどにしましょう。特に胃の健康のためにおススメが「キャベツ」です。ムカつきや痛みも治まります。「キャベツ」を見直しましょう。そこで、一番のレシピが「キャベツ・スープ」です。鍋に丸ごと入れ、スープの素とベーコンを入れてコトコト煮込みます。とろとろの「キャベツ・スープ」の出来上がり!意外なおいしさに誰もが驚きます。弱った胃には最高の贈り物です。

玉ねぎを涙を出さずに切る方法

原因は「硫化アリル」が気化して空気中に発散され、目や鼻の粘膜を刺激するからである。どうやって気化した硫化アリルを防ぐのか。玉ねぎから揮発する硫化アリルを防止すればよい。水にさらしてから切るのが手っ取り早い。硫化アリルは水に溶けやすいことを応用する。水がなければ電子レンジを使う。20秒ほどの加熱でよい。お試しあれ。もう玉ねぎを切りながらしくしく泣く必要はない。

洗剤要らず、フローリングをピカピカにする裏技

「ミカンの皮」が魔法の杖です。5,6個のミカンと水を少々準備します。それを鍋に入れて10~20分ほどじっくり煮込む。そうすると煮汁が黄色くなってきます。それを冷ましてバケツに移します。それで雑巾がけします。驚くほどにピカピカになります。ほかに「米ぬか」を使う手もあります。この米ぬかを不要になった靴下に入れて床を拭きます。どちらも天然成分であるため肌荒れの心配もありません。

古米を新米のように炊く

米3合に対して大さじ1杯のハチミツを入れる。さらにハチミツの代わりには砂糖と小さじ1,2杯の酒を入れるとよい。こうすればふっくらと甘みが出るのだ。もち米を加える方法もある。これらは定食屋さんでは実践しています。

家庭で石焼き芋を作る。

たき火しなくてもできます。ただし「やけど」に注意。

やかんに小石を敷き詰めます。その上にサツマイモを並べます。火にかけて下から熱します。やかんが熱くなったら弱火にしてしばらく熱します。

ほら、ほくほくと食べてください。

便利な電気ポットですが、注意して中をみると「湯アカ」がぎっしり。

この湯アカとりもやっかいです。器具でひっかいていると内部にキズを付けます。ではどうするか。とっておきの方法があります。答えは「酢」です。「酢」をカップ1杯を入れ、ポットの上限まで水を入れます。そうやって沸かします。終わったら捨てます。さらにかるくスポンジでこすってお湯を沸かします。それで終わり。湯アカは綺麗に取れているはずです。

間接照明は部屋の雰囲気作りのアイテムです。特に布製ランプ・シェードの掃除。

これは、埃を吸収しやすいので、注意して手入れします。日頃は、「はたき」で軽く払いますが、年に2,3回は、「小麦粉」で「団子」を作ってシェードの表面に転がして汚れを取ります。こうすると繊維に潜んだ汚れまで取れます。また、和紙製シェードにも使えます。知っていました?試してください。

弱った鉢植えの花を元気にする魔法がある。

水やりは土が乾いてからで良い。ひんぱんに水やりをすると「根腐れ」を招いてしまう。葉の色つやが落ちてきたら栄養不足である。解決するために園芸店、ホームセンターで「肥料」を買う、までもない。家にあ「ニンニク」を拝借。1,2片をすりおろし、水に溶かして鉢植えにかけてやります。これが驚きの効果です。

りんごの力を侮るなかれ

1日1個のりんごで整腸しよう。りんごは健康食品です。ビタミンCが豊富に含まれ、ペクチンという食物繊維がたっぷり含まれる。このペクチンは腸内の乳酸菌の繁殖を活発にします。ペクチンは、リンゴの皮に多く含まれるので、皮ごと食べましょう。よく洗ってね。

黒いTシャツの色落ちを救う。

何度も洗濯機で洗っていればいつの間にか色落ちします。これは洗剤に蛍光漂白剤が入っているため。これを元通りにする裏技があります。

それはビールです。目安の量は洗濯槽半分にビールをコップ半分です。洗濯はしないで浸けておき、軽くすすいで、脱水します。これで完了です。見事に蘇ります。試してみてください。

古い鍵穴がスムースさを欠くのは、長年のゴミや汚れで劣化しているため。

つい潤滑油を流してしまいがちですが、それはNGです。反ってほこりが付きやすくなり動作不良になります。対策は鉛筆です。黒芯を削り粉状にします。その粉を鍵穴ではなく、鍵のほうに振りかけます。それを鍵穴にさしこんで回します。滑りが良くなります。これで解決です。

スニーカーを長持ちさせる方法。

足に馴染んだころに黒ずむ白いスニーカーは、どうにかなりませんか。漂白剤を多用するとゴム部分を傷めてしまう。ここでは、あっと驚く方法を伝授します。

それが、練り歯磨きです。洗う前にすりこんでおきます。そうすると汚れが繊維に浸み込まず、軽く洗うだけで真っ白になります。こうすれば、足に馴染んでも新品の白さを失いません。ストレスなく履き心地抜群です。良かったね。

スニーカーを履きやすくする方法とは。

靴ひもをゴムひもに替える方法がある。100円ショップで探すのだ。様々な太さや幅のゴム紐が揃っている。履いたり脱いだり楽にできるし、子供用ひも靴にも応用できるのだ。ストレス軽減にもぜひお試しください。

カーペットの日常の掃除をなさっていますか。

掃除機をざっとかけて終わりにしていませんか。最近の掃除機には高性能タイプがありますが、細かなペットの毛や人の髪の毛は十分に取れていません。

かといって本格的なクリーニングは、それほどひんぱんにできません。そこで、「亀の子たわし」の出番です。表面を軽くなでるだけで面白いように毛が取れます。

こちらもストレスフリーで掃除ができます。

レンジの受け皿の汚れに秘策あり。

受け皿だけでなく、ガスの火口には、噴きこぼれが付着する。金属たわしでこすってもとれない。こんな場合には、大き目の鍋に入れて煮沸するとよい。こびりついた汚れが溶けだします。取り出してクレンザーを付けて金属たわしで拭きます。こうすると、あっけないほどに汚れが落ちます。多少手間ですが、汚れがきれいに落ちるので、ストレスなく掃除できます。知っていて損はなし。やってみましょう。

節電する冷蔵庫は、整理整頓から。ぎっしり詰めると保冷効果が下がる。それは冷気の循環が阻害されるからです。在庫の目安は、冷凍庫に8割、冷蔵庫には6割が適度な量とされます。それ以上詰め込むと冷気の循環が効率悪くなります。できるだけ大型冷蔵庫を買いましょう。スーパーで特売日にまとめ買いできるし、

ゆったり保管できます。また、購入時に、少し高くなっても省エネタイプを選びます。

窓ガラスの隅の汚れを落としたい。

隅っこは汚れていくものだ。磨きにくいし、埃がたまっていく。これには、思いのほかに「塩」が効く。布切れと割り箸を使うのだ。布に塩を付けてガラスをこすってみよう。驚きの結果を目にするはずだ。「塩」は汚れを吸着するのである。「掃除力」では「炒り塩」を推奨しているが、その理由が分かるというもの。

ステンレス製シンク磨きにこの雑巾

水垢が隅っこに付着するし、けっこうナーバスさが求められるシンク。小さなキズを付けることなく綺麗にしたい。そんな便利なやり方がある。ジーンズを使う。古くなったジーンズを切って使う。わざわざ縫い合わせる必要はない。役目が終わったらゴミ箱へ投げ入れるだけで良い。試してください。綺麗になります。

これ、店長イチオシです。排水管の掃除やっていますか。

麺をゆでる時に出番です。熱湯ができます。これを利用して排水管を掃除します。その排水管に「重曹」と「塩」を混ぜて一振り入れておきます。そして、ゆでた後の熱湯を流します。これで排水管の掃除は完了です。便利でしょう。やってください。